2017・10
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2016/05/20 (Fri) 休止中m(_ _)m

都合によりしばらくブログは休止中です。
ホームページの方はHomeスケジュールのみ更新しています。

スポンサーサイト

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2013/09/30 (Mon) お知らせ

最近残業が多くて、なかなかブログが書けませんが、Facebookには時々投稿していますので、FacebookのNanako Satoへどうぞ。m(_ _)m

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2012/01/26 (Thu) 大規模障害発生!

10時前に回復しました! 。。。が、まだ繋がらない所もあるようです。

8時頃から海外サイトに全く繋がらなくなりました。国内はOKです。うちはOCNですが、OCNだけではないようです。どうなっているのでしょうか? ラクロワのDon Pasqualeのデザイン画をダウンロード中だったのに~!シャンゼリゼ劇場のDon Pasqualeの衣装はクリスチャン・ラクロワなんですよね。


只今OCN PLALAにて大規模障害発生中
Twitter、Wikipedia、PSN等海外サイト全滅
YoutubeはOK


OCN【故障情報】

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2011/12/30 (Fri) m(_ _)m

なんとか直りました。CSSをCDのページだけ新しく書き直しました。Google Chromeも表示OKでした。ただIEだけはなぜか大文字のÈ(#200の番号で指定)が表示できなくてアクセントなしのEになっているし、レイアウトも少し変なままです。IEはWindows98の時から使っていないのでよくわかりませんが、一番レイアウトが崩れる?

【12月29日】
久しぶりにWindowsでHPを見たらテーブルでレイアウトしてあったCDのページ等がめちゃくちゃになっていました。ブラウザは普段はマック0SX10.7.2のFirefox(9.0.1)を使っています。Windows7(64bit)のFirefox(9.0.1)もほぼ同じであまり狂っていないように見えましたが、Safari(5.1.2)とIE(9.0.4)ではかなり変になっていました。で、テーブルはやめて書き直したのですがブラウザとOSの違いで表示のされ方異なるので、一番レイアウトが崩れるIEに合わせてみましたが、IEのCDの日本語版ページだけは未だ??になっています。ローカルでは直っていてもサーバーにアップ後に見ると崩れちゃってるんです。。。またFirefoxとSafariで見てもIE9にあわせようとしたので少し変になっています。OperaとGoogle Chromeはインストールしていないので不明。またSafari,IE, Firefoxでも他のバージョンは確かめていません。なんとかならないかCSSを目下勉強中です。まあDemuruのCDの日本語ページはあまり訪れる人がいないのでナンですが、なんか気持ち悪いです。

✳デムーロはすでにシャンゼリゼでのドン・パスクァーレの勉強を始めているそうです。

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2011/09/14 (Wed) Gioia!

【9月14日】
GioiaのCDが届きました。いつも歌はiTuneでDLなので久しぶりにCD円盤を買いました。父がKurzakの歌に♥。私はデムーロの声に♥。買う程好きではないけど聴きたい方はラジオで紹介されていて放送分がDL(Descargar)できますのでここでどうぞ。27/08/11の放送分です。

【5月16日】
デムーロと愛の妙薬やリゴレット、椿姫等で共演しているポーランドのソプラノAleksandra Kurzak。DECCAからCDアルバム、"Gioia!" (amazon.jp)が2011年8月8日に発売される予定です。日本ではまだ試聴できませんがamazon.ukでは試聴ができます。9. Act I, Scena and Duet: "Una parola, Adina" -ではNemorinoをデムーロが歌っています(ukでは4曲目)。愛の妙薬はウィーン国立歌劇場で共演しました。また7月にはナパ・バレーのFestival del Soleのコンサートで共演予定です。
L'elisir d'amore / Act 1 - Una parola, Adina ("Gioia!"試聴 Nemorino=Demuro)
La traviata / Act 1 - E strano! - Ah, fors'è lui - Sempre libera("Gioia!"試聴 Alfredo=Demuro)

【5月19日】
DeccaからAleksandra Kurzak: Gioia! (Trailer English)がアップされていました。Kurzakへのインタビューと今年2月のポーランド国立歌劇場での椿姫の映像が入っています。アルフレードはデムーロです(2011年2月13, 15, 17日)。ポーランドでは昨年の6月15, 17, 19日にもKurzak/Demuroで椿姫が上演されました。


未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2011/09/06 (Tue) リチートラ交通事故で危篤→死亡

【2011年9月6日+】
organi tenore Licitra salvano tre persone (06 settembre 2011)
テノールリチートラの臓器3名を救う
下の記事la Repubblicaに臓器移植に家族が同意したとありましたが、この記事によると肝臓と左右腎臓を3名に移植、角膜も移植予定だそうです。

la Repubblica:Morto il tenore Licitra era in coma da nove giorni
テノールのリチートラ9日間昏睡状態の後死亡 (05 settembre 2011)

ANSA:Morte cerebrale per Licitra
リチートラ脳死

l'Unita:Addio a Salvatore Licitra
il tenore erede di Pavarotti
さようならサルヴァトーレ・リチートラ
パヴァロッティの後継者のテノール

ご冥福をお祈りします。

Salvatore Licitra Official Website
ここは追悼の花に埋もれています(動画)

Tosca 2000年 (Scala)


2011年7月13日 Arena di VeronaのAidaより(リチートラのラダメス)

最前列の席でこのラダメスを聴きました。。。

【2011年9月5日】
代役は決定しました。
アルトゥーロ役
 セルソ・アルベロ (9月11日びわ湖、9月17日、9月21日)
 アントニーノ・シラグーザ(9月24日)
エルナーニ役 
 ロベルト・アロニカ (イタリアサイトはda definireのままです。)
ボローニャ歌劇場オフシャルブログ

【2011年9月4日】
2日前にバリトンのAmbrogio MaestriとバスのGiacomo Prestiaがお見舞いに行ったそうですが、様態に変化はなく未だ重体という事です。
リチートラは東京のErnaniの後はオマーンの新ロイヤルオペラハウスこけら落としのTurandotに出演予定でした。(Arena di Veronaの総勢500人の引っ越し公演、指揮ドミンゴ、ゼフィレッリ版)

【2011年9月1日+2日+3日】
Teatro Comunale di BolognaのStagione/ TOURNÉE / Ernaniのキャストからロベルト・アロニカの名前が消えました!"da definire" (未定)となっています。空白状態だったi Puritaniキャストは掲載されましたが、カザーレはサルシに変更されているのに、フローレスの名前は消えていません。

先ほど帰宅しました。リチートラとは関係ありませんが、ずっと携帯禁止の所にいたので、
電車の中で携帯からネットに繋いでいたら、ボローニャ来日公演清教徒のフローレスとアルベルト・ガザーレまでキャンセルですと!フローレスは前から噂されていたし、昨日ボローニャ歌劇場のTOURNÉEの清教徒のキャスト空白だったしもしやと思っていたら、、、。とにかく吃驚です。

ボローニャ来日公演のエルナーニのリチートラの代役はロベルト・アロニカ。
(日本側の正式発表ではありません。) Teatro Comunale di BolognaのHPの情報です。
Stagione/ TOURNÉE : Ernani
アローニカは、インフルエンザで降板した日もあるようですが、この5月にボローニャのエルナーニに出演していました。またクラシカジャパンで今月放映中のバイエルン州立歌劇場2005『ロベルト・デヴリュー』のロベルト役で出演しています。(Bavarian State Opera Roberto Devereux Play List←字幕無)

【2011年8月30日】続報
2011年8月29日付けLa Repubblicaの記事
Ancora grave Salvatore Licitra "Quadro clinico compromesso"
依然として重体のサルヴァトーレ・リチートラ 
テノールは土曜日の夜シチリアの海沿いの町(Raguza)のVia Micciché Donnalucataで交通事故に遭った。
医師「非常に深刻な状態」

Salvatore Licitra gravissimo all'ospedale di Catania
CORRIERE TV 8月28日

【2011年8月28日+訂正+α】
テノールのサルヴァトーレ・リチートラが交通事故で入院。ヴェスパって、バイクの事故?
最初のRagusaの病院からヘリでCataniaの大きな病院に搬送され、すでに頭部胸部の手術を受けたということですが危篤で集中治療室に入っているそうです。。。

il Mattino:Il tenore Salvatore Licitra in fin di vita dopo incidente stradale a Ragusa
( in fin di vitaというのは命の危機という意味で命の終わりではないそうです。)
ANSA:Licitra gravissimo dopo incidente in vespa
La Repubblica:Grave il tenore Licitra ferito in un incidente


ボローニャのエルナーニは。。。。

未分類 | trackback(0) | comment(5) |


2011/08/04 (Thu) iMac

【2011年8月4日】
iMac上部の発熱がすごいです、で、時々スリープさせて冷やさないと熱暴走するような。。それからHDMI端子がないのも不便です。鏡面の画面も部屋やiMac使っている自分が映って見づらいです。iMacってやっぱりデザイン家電?。
ノートPCの方をHDMIで46inchTVに繋いでみました。快適です。写真はデジカメで撮ったMTSビデオ再生中。iMacのキーボードは大きさの比較のために置いてみました。


【2011年7月25日】
ヴェローナへ行く前に64bit notePCを買って、帰って来てからiMac27inchメモリ8MG+Mac TVを買ってもらった。ノートは画面が小さいので家では23インチのモニタに繋いで使っています。iMacは、DVDとSDカードスロットは横にあるけれど、電源や各種ポート等全部後ろにあるので使いにくいです。イヤホンも後ろだし、昔のFirewireも変換ケーブルがないと繋がらない。付属の無線キーボードもボタンなしマウスも慣れていないので使いにくいです。テンキーのあるキーボードと5ボタンマウスが好きです。HDDも内部に増設したり取り替えもできないし、やっぱりMac Proがよかったなぁ。買ってもらったのであまり文句はいえないけど。。。MacTVは、Mac内のmusicやmovieがiTunesに読み込んだものでないと再生できないのとリモコンが使いにくいけど、楽しいです。iTunesでMTSが再生できたらいいのに。。。まだ使っていたソフトをiMacやノートにインストールしたりアカウントを設定したり色々することがあって、ブログに写真を入れることがなかなかできません。MTS→mp4 or m4vに変換も沢山しないとMacTVで遊べないです。46inchのTVの画面で見ても今時のデジカメムービーは綺麗なのでうれしいです。


1. ノートPCとiMac。 2. オールドMac Pro。
周辺機器は机の下の棚に。Old MacでもMTS→mp4変換には使えます。
青い布の掛かっているのはプリンタ。

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2011/04/20 (Wed) Vincenzo La Scolaが!!!

【4月19日】Video追加
1993年 東京文化会館 Rigoletto


【4月16日】(現地15日)
テノールのヴィンチェンツォ・ラ・スコラ急死!【4月15日記事】
morto il tenore Vincenzo La Scola
E' morto improvvisamente il tenore Vincenzo La Scola
Morte improvvisa

Addio a Vincenzo La Scola【La Repubblica Palermo 4月16日記事】

1958年パレルモ生まれ。ツアー中に急病で倒れトルコでお亡くなりに。。。
メルシン州立音楽院オペラ科の4月11日からのマスタークラスのためトルコに滞在中、心臓発作のために死亡。心よりお悔やみを申し上げます。
うちには東京公演のルチアのビデオ(ルチア:グルベローヴァ)や、DVDとCDが何枚かあります。



2006年3月16日東京サントリーホール

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2011/04/16 (Sat) フィレンツェで住んでいた家

googleの航空写真でしっかり写っていました。懐かしいです。行きたい。赤で囲んだところがこのvillaの敷地。印が住んでいたアネックス。母屋前の大きな木がレバノン杉。


【2010年9月22日記】
昔の写真が出てきたので、少しだけアップ。住んでいた家の庭の写真です。
2枚目の木は枇杷の木。開花中の2本はバラ科の木。未舗装の道は建物裏の駐車場へ行く敷地内の道。馬はトスカーナのナントカいう種類の馬、木曽駒みたいな?。大家さんの娘さんが、果樹園に放し飼いで2頭飼っていました。母屋の庭に入って来て荒らすので、電気テープを張られちゃいました。支柱の竹は隣のヴィッラとの境が竹林になっていたのでそこから切ってきた生竹。ド田舎のようですが、フィレンツェの駅からバスで10分の所です。


1枚目は母屋、伯爵夫人のお住まい。中央の写真は左右反転しています。つるバラのある建物が住んでいた離れ。鉄扉の向こうは果樹園。扉横の建物はコローニアと呼んでいいました。離れもコローニアも地下室付き2階建て。コローニアには大型犬2匹と幼児のいる家族が引っ越してきました。最後の大きな木はレバノン杉です。

未分類 | trackback(0) | comment(2) |


2011/03/12 (Sat) 巨大地震の被害に遭われた方々にお見舞い、お悔やみを申し上げます。

昨日、名古屋では最初、「めまい???」と思った人が多かったようです。私も3時少し前にクラクラとして気分が悪くなり、めまいだと思いました。その後でユラユラと大きくゆっくりそしてかなり長い間揺れたので、やっと地震だと気づき、携帯でワンセグを見たらすでに大地震発生のニュースをやっていたので、名古屋では東北で揺れた10分程後に揺れを感じたように思います。名古屋港では津波1mを観測、貯木場から材木が流失し、三重県では真珠の養殖いかだ等が多数流されました。私の家では何も被害がありませんでしたが、東北・関東地方の被害は甚大で、寒さもまだまだ厳しく被災された方々が心配です。被災者の方々にはお見舞い、お亡くなりになった方々にはお悔やみ申し上げます。またデムーロからも日本の皆様にお見舞いをということです。(デムーロは昨年東京公演中に地震に遭遇した経験あり)

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2010/12/05 (Sun) (T_T)

メインのWindowsマシン(CPU core i7 64bit)が逝きました(泣)。CPU簡易水冷クーラーの水音が変にうるさくなって、クーラーのモニタも表示できなくなっていました。それで筐体を横にして開けて中を見て、その後横にしたまま、CPUファンやケースファンを買いに行って、CPU水冷クーラー(ラジエーターに付いているファンがケースファンを兼ねていた)を取り外し、悪戦苦闘の末、CPUクーラー兜とケースファンを取り付けました。。。。CPUクーラー兜が大きいので、マザーボードをケースから出さないと取り付けにくいのでマザボを取り外したものの、ソケット1366の取り付け穴より兜のコネクタのほうが太くてどうしても入らないので、外したクーラーのネジをコネクタと取り替えた、、、けれど、ヒートシンクとファンの下にネジが来るのでドライバーが使えない。。しかもネジが長いので兜がCPUに密着しなくて浮いてしまう、、それで金具を上下逆に付けてなんとか取り付けたのですが。。。冷却水がCPUの真上の所でもれていたのでCPUとマザボが濡れて逝ってしまったらしく起動しません。筐体を横にしたままにしておかなければ、漏れた冷却水はケースの下に落ちてマザボとCPUは逝かなかったと思うのですが。。(取り外したCPU簡易水冷クーラー、CPUの上にグリスで密着させる四角い金属の板の横から冷却水がシュッーと音を立てて漏れていました。) ノートPCも逝ってしまったし。。年賀状どうするかな~。住所録もWinのHDDのなかだ~。写真はCPUクーラー取り替え後の起動しないPC.. 写真を見ていて気付いた 立てて置いていたらグラフィックカードが濡れていたですね。(サイズは12.4cm 小数点付いています)

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2010/11/26 (Fri) デムーロ以外の気になるテノール

Bülent Bezdüz
1967年アンカラ生まれのトルコ人テノール 今は40代だけど好きです!


Alessandro Scotto di Luzio
ナポリ出身23才? 歌っている顔はよくないけど、若い!

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2010/11/19 (Fri) 10月11月@宗次ホール


宗次ホール

【11月19日・記】
昨日18日に笛田さんのリサイタルに行って来ました。藤沢の道化師では絶好調だった笛田さんですが、昨日は風邪を引いていてかなり不調でした。でも、見るからに辛そうだったのに、最後まで歌いました。最後に歌う予定だった道化師の「衣装をつけろ」はアルルの女の歌に変更されました。でも、好調だったらきっと素晴らしいのだろうということは覗うことはできました。演奏会場でよく見かける男性歌手の人達が、終演後「あの状態で最後まで歌ったなんてやっぱりすごい、俺だったら途中でやめていた」というような話をしていました。確かに、もうこれ以上歌ったら喉がつぶれてしまうのではないかというほど心配な状態でした。最後に「こんな状態でごめんなさい」と笛田さんが聴衆に深くお辞儀をして、リサイタルは終わりました。歌手も生身の人間ですから、不調の時だってあります。会場の人達は皆その辺はよく分かっていて、キャンセルしないで歌ってくれてありがとう、ゆっくり休んでねと、温かい拍手で送りました。早く風邪が治りますように、、、。

【2010年11月3日・記】
■ 11月18日 笛田博昭テノールリサイタル
オペラアリア中心のリサイタル!しかも名古屋の芸大出身。背が高いので高校生の時はバスケット?の部活でオペラのオの字も縁がなかったらしい、、、でも先生に「いい声しているね」と褒められ奮起、その美声で名芸大特待生合格、首席卒業という話を聞いただけでも、ちょっと聴いてみたいと思いませんか?現在ミラノから一時帰国中。
2006年 第37回イタリア声楽コンコルソ、イタリア大使杯受賞
2007年 第9回マダマ・バタフライ世界コンクール第1位受賞
2008年 愛知県芸術文化選奨 文化新人賞受賞
2009年 第20回五島記念文化賞 オペラ新人賞受賞
2009年 10月よりイタリアミラノへ留学

2010年11月7・14日藤沢市民オペラ「道化師」にカニオ役で出演
11月24日12月7日熱田文化小劇場 オペラの魅力vol.14 ~オペラ“トスカ”ハイライト~

【関連記事】
笛田博昭テノールリサイタル@宗次ホール他(2011年4月)
トスカ@熱田(2010年12月)

笛田 博昭オフィシャルサイト

笛田博昭レッスンの様子@イタリア (画像は動画にリンクしています)
1. Pagliacci 2. Nessun dorma 3. Nessun dorma続
レッスン風景 Pagliacci レッスン風景 レッスン風景

【9月27日】
■ 10月15日 スイーツタイムコンサート(←コンサート後の記事)
しかもイタリア!トスティの歌曲とオペラアリアです。バリトンのマルベスティオもソプラノのカズッチも聴いたことはないんですが、2人ともなかなか見目麗しそうだし、名前はナンですが、ボローニャとナポリの人なので、イタリアの歌はいいのではないかと期待。しかも安い!東急ホテルでのケーキセットを付けても2700円!!!丁度3時に終演だし、東急は至近距離。しかし、金曜日では仕事と学校がある人は早退しないと...。

【補1】カズッチがマルベスティオに何か問題が、で代わりにテノールが行くわと言っていました。。。え~っ本当ですか!?マルベスティオのトスティ聴きたいのに~。
【補2】マルベスティオ本人も仕事の問題でカズッチと日本に行けなくなった、とても残念と、、、。では代わりにテノールの誰が来るの??

【補10月6日】
◆10/15(金)「イタリア トスティの贈り物」出演者変更のお知らせ 
(宗次ホールサイトより転載)
本公演に出演を予定しておりましたバリトンのダヴィデ・マルベスティオは病気のため、来日することが不可能となりました。
そのため、代役としてイタリアで活躍し、イタリア・トスティ協会の主催公演でも好評を博しているヌンツィオ・ファッツィーニが出演いたします。お客様には謹んでお詫びするとともに、何卒ご了承頂きますようお願い申し上げます。

テノールですね、ヌンツィオ・ファッツィーニ。

動画がありました。
Tu ca nun chiagne NUNZIO FAZZINI tenore


Tosti, "L'attesa", sung by Davide Malvestio


宗次ホール以外の私の予定
■ 10月11日 ラ・ボエーム バーデン市劇場@豊田市コンサートホール
■ 10月25日 アイーダ キエフ・オペラ@愛知県芸術劇場大ホール
■ 11月24日 オペラの魅力vol.14 ~オペラ“トスカ”ハイライト~@熱田文化小劇場
■ 11月30日 魔笛 ポーランド国立ワルシャワ室内歌劇場@愛知県芸術劇場大ホール

未分類 | trackback(0) | comment(2) |


2010/10/20 (Wed) イタリア トスティの贈り物@宗次ホール

スイーツタイムコンサート vol.33
イタリア トスティの贈り物 ~歌曲とオペラアリアの午後~
10月15日(金)13:30開演

【10月20日・記】
1. 宗次ホール 4. F.サンヴィターレ, 長町順史, R.カズッチ, N.ファッツィーニ

(この写真はカズッチのfoto albumから転載)

F.P. Tosti Sogno Romina Casucci:Nagoya Munetsugu Hall


La Bohème "Quando men vò" Romina Casucci
F.P. Tosti "A' Vucchella" Romina Casucci
Rigoletto "Caro nome" Romina Casucci
(10月15日宗次ホールの録画)

【10月17日・記】

(↑バリトンとなっているところはテノールと訂正し忘れ)

行ってきました。すごく良かった。ほぼ満席でした。BravaやBravoも沢山聞こえました。バリトンのマルヴェスティオの代役で来たヌンツィオ・ファッツィーニというテノール、初めて聴きましたが、声量がすごくあって声もよくて、ちょっとビックリ。彼の声なら愛知芸文の大ホール5階最後列の席でも十分聞こえるでしょう。でもほとんど知られていないのが不思議、若くして音楽学校の教授になったからでしょうか。ロミーナ・カズッチも綺麗な声で可愛くてよかったのですが、ファッツィーニの迫力には負けていました。でも二重唱ではファッツィーニが声量を抑えるという気配りができていたので、素敵な二重唱になっていました。二人でダンスも踊ってくれました。歌曲はトスティ中心だったので、英語の歌もありました(トスティはイギリスに移住したので歌詞が英語の歌もたくさんある)。でも一番受けていたのは、ファッツィーニの歌ったクルティスの「勿忘草」"Non ti scordar di me”だったと思います。伴奏の長町順史さんのピアノ独奏もありました。しかし、コンサートは値段じゃないですね。安くてもこんなにいいコンサートもある。終演後はロビーに出ると出演者がロビーで出迎えてくれるうれしい宗次ホールです。サインをもらったり写真を撮ったりお話したりで楽しかったです。今月出たばかりの「トスティ ある人生の歌」という本の販売もあったので買ってきました。著者のフランチェスコ・サンヴィターレさんも来ていて、サインも貰えました。

アンコール曲:
椿姫から「乾杯の歌」とトスティの英語の歌「最初のワルツ」をデュエットで。



【関連記事】10月11月@宗次ホール

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2010/09/10 (Fri) MET 名古屋公演

【9月10日】
何日か前につぶやきましたが、MET名古屋公演検索でここへ来てしまった人のために:
詳細はMET名古屋公演オフィシャルサイト
セット券先行発売9月23日1日限り(この先行販売はDM番号ないとダメみたいね)
S席A席ともセット券でないと良い席はないです。セット券23日に全部うれちゃうのかな~。セット券一般販売は25日。セット券はS席A席のみです。来年行けるかどうか分からないから買うの悩んでます。S席買うならいい席で見たいし、公演別チケットは10月6日から先行予約。安い席は5階後方の席がF席で1.6万円、でも5階前の方はC席4万ですよ!

【8月31日】
一般発売 / メトロポリタン・オペラ 2011
2010/10/23(土) 10:00より発売
愛知県芸術劇場 大ホール (愛知県)
詳細はMET名古屋公演オフィシャルサイト
それにしても高い!これじゃF席でも行けないわ。。。。
出演歌手が演目の片方はソプラノがもう片方はテノールが好みじゃないので。。。

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2010/09/05 (Sun) Rigoletto a Mantova

日本時間2010年9月5日午前3時半から"Rigoletto a Mantova"がRAI UNO他、多くの国でTV放送されました。
(日本はナシ!)3時に起きてみました。ドミンゴは声が合っていないような、、、。
続きは日本時間9月5日午後9時と6日午前6時半から放送されます。
(国によって放送時間が違うところもあります。)
だだし、RAI UNO, BBC, ZDF等国内限定で日本からは直接視聴はできません。

指揮:ズービン・メータ
リゴレット:プラシド・ドミンゴ
マントヴァ公爵:ヴィットリオ・グリゴーロ
ジルダ:ユリア:ノヴィコヴァ
マッダレーナ:ニーノ・スルクラーゼ
YouTube Act1:動画1/14

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2010/08/16 (Mon) アレーナ・ディ・ヴェローナでオペラのオスカー賞

【8月16日・記】
デムーロはキャンセル

【7月7日記】
キャストが発表されていました。
Cast « Oscar della lirica

Désirée Rancatore, soprano
Hui He, soprano
Kristin Lewis, soprano
Maria Alejandres, soprano
Maria Laura Martorana, soprano
Mirella Freni, soprano

Marianne Cornetti, Mezzosoprano

Carlo Bergonzi, tenore
Celso Albelo, tenore
Francesco Demuro, tenore
Francesco Hong, tenore

George Petean, baritono

Ziyan Atfeh, basso

Eleonora Abbagnato, ballerina
Benjamin Pech, ballerino

Katia Ricciarelli, madrina

RBR Dance Company, dance company
Giovanni Allevi, musicista
Manos Blancas, coro
Corrado Rovaris, direttore d’orchestra
I Virtuosi Italiani, orchestra

【6月19日記】
やっと公式HPができ、チケットの販売も開始されました。€20~160

ツアーで29日アイーダ鑑賞、30日観光、31日Oscar della lirica というものもあるようです。

【6月10日記】
アレーナ・ディ・ヴェローナの第88回オペラフェスティバルは6月18日から8月29日までですが、そのオペラ祭が終わってすぐの8月31日にアレーナ・ディ・ヴェローナでオペラのオスカー賞という催しがあります。このイベントはEBU(欧州放送連合)とABU(アジア太平洋放送連合)で世界に放送される予定です。

ガラコンサート出演予定歌手
テノール:Francesco Hong, Francesco Demuro, Celso Albelo, Saimir Pirgu
ソプラノ: Hui He, Kristine Lewis, Maria Laura Martorana, Elena Mosuc, Désirée Rancatore
メゾソプラノ: Marianne Cornetti, Katherine Jenkins,
バリトン: George Petean
バス: Marco Vinco

Anteprima: Oscar della Lirica
All'Arena gli «Oscar» della lirica L'altro galà chiama Paolo Limiti

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2010/06/19 (Sat) 北京のリゴレット

【追記2】
ここに公演の写真があります。
BTV News公演のニュースで動画が少し流れます。

【追記1】
いつ追加されたのか気付きませんでしたが公演が1日増えていました。16日です。ヌッチ組が初日に歌います。

【5月11日記】
北京の椿姫のあとにパルマのプロダクションのリゴレットの公演があることは《北京で椿姫はいかが?》に少し書きましたが、やっと劇場サイトにキャストと日程が発表されました。公爵はやはりメーリです。パルマのプロダクションで最近はメーリが歌っていたし、メーリの6月のスケジュールがちょっと前に消されていたので、メーリかもしれないと思っていました。ヌッチは初日ではなく2日目です、この日のジルダはデジレ・ランカトーレ。チケットはVIP席で1080元です。くわしくは北京国家劇院のNCPA Opera Festival 2010 Rigolettoで。6月20日は北京国家劇院のコンサートホールでヌッチのリサイタルもあります。リサイタルは~1000元。
また、トリノ王立歌劇場は東京公演の後で上海歌劇院でラ・ボエームです。万博ついでというか、オペラついでに万博はいかがですか?8月4, 6日の2公演です。東京とはキャストが異なるので、詳細はトリノ王立劇場のStagione Oriente La Bohemeで。

北京国家大劇院リゴレット日程&キャスト
6月 マントヴァ公爵 リゴレット ジルダ
16日 Francesco Meli Leo Nucci Désirée Rancatore
17日 Giuseppe Gipali George Gagnidze Maria Alejandres
18日 Francesco Meli Leo Nucci Désirée Rancatore
19日 Giuseppe Gipali George Gagnidze Maria Alejandres

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2010/05/24 (Mon) トリノ王立歌劇場2010-2011シーズン

今日24日発表されました。
詳細はTeatro Regio TorinoのStagione 2010-2011で。

Boris Godunov
Madama Butterfly
Cenerentola
La Belle
Parsifal
I vespri siciliani
Nabucco
Rigoletto
La traviata
Biancaneve
Lucia di Lammermoor
Leggenda

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2010/05/08 (Sat) Guangzhou Opera House 广州大剧院

5月6日広州歌劇場(广州大剧院 Guangzhou Opera House)の柿落しでロリン・マゼール指揮でトゥーランドット《图兰朵》の公演がありました。トゥーランドットの公演は9日まで。広州にこんな立派なオペラハウスができたのですね~。座席数は1800とか。このトゥーランドットはバレンシアのPalau de les Arts Reina Sofíaのプロダクションで、オーケストラと合唱は上海オペラ(上海歌剧院 )。

  

主なキャスト
Turandot : Iréne Theorin / Anna Shafajinskaia / Sylvie Valayre
Liu : Alexia Voulgaridou / Cristina Gallardo-Domas
Kalaf : Richard Margison / Francesco Hong

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

プロフィール

Nanako

Author:Nanako
オペラが好きです。
男声がすきです。

このblogのTop
Home Page

画像ポップアップ

マウスポインタを画像上に のせると画像がポップアップ ポインタを外すか拡大画像上 をクリックすると消えます

斎七@虹のもとブログ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

mail form

name:
e-mail address:
title:
message:

最新コメント

最新トラックバック

ブログリンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。