2017・08
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/06/20 (Sun) ワルシャワで椿姫

【6月20日記】
「空港にいます。ワルシャワを発ちます。。。昨日の夜の大変素晴らしい最後の公演の後。来年3月の再演で戻るまでさようなら。私は何ヶ月もの多忙な日々の後、私に非常な感動と喜びを贈ってくれた、私の愛する、そしてより多く役をこなしたオペラ、Traviataからちょっと離れます。ハンブルグでのランメルモールのルチアで、エドガルドになるためにアルフレードの衣装を脱ぎます。」
ということは、、、来年もワルシャワで椿姫ですね!?

【6月18日記】
17日の公演も大成功だったようです。公演を観に行った人によるとスタンディング・オベーションだったそうです。
19日の公演後は6月29日からのランメルモールのルチアのためハンブルグへ出発です。

【6月16日記2】
昨夕15日の公演は大変すばらしかったそうです。デムーロは今日はワルシャワを観光。

【6月16日記1】
昨夕はデムーロのアルフレード初日でした。夕食を食べてからアルフレードの準備をするということでしたが、ポーランドはこれを書いている今は早朝なので、まだ報告はありません。このプロダクションは2月、3月、5月、6月と4月を除いて各月2,3回の公演で今月で終わりです。ほとんど何を言っているのか分かりませんが、演出のMariusz Trelińskiが出演している、このトラヴィアータのプレミエのビデオがありました。やっぱりよく分からない演出で、なんだかミュージカルかバレエをみているような。。。


【6月12日記】
今日は稽古はお休みだそうです。少しリラックスできるようです。ゆっくりお休みして初日に備えてください。
ところで、RAI3でフェニーチェのドン・ジョヴァンニを見ていたら、ドンナ・アンナがワルシャワでデムーロと共演するアレクサンドラ・クルザックでした。ドン・ジョヴァンニはマルクス・ヴェルバ。マゼットは映画『ドン・ジョヴァンニ』でドン・ジョヴァンニを演じていたボルハ・クイサでした。
[参考ビデオ]
Don Giovanni Venezia 2010 1/3
Interview with Borja Quiza

【6月1日記】
写真を追加しました。ポスターや衣装、演出の意図がよく分かりませんが、下段中央の写真が別サイトで人気があったので( ̄∀ ̄;)

【5月29日記】
デムーロはドレスデンの後、ポーランド国立歌劇場で6月15, 17, 19日に椿姫に出演します。ヴィオレッタはスカラ座のリゴレットで共演したアレクサンドラ・クルザック。
   

  

  
写真:La Traviata - National Opera House, Warsaw 2010, Aleksandra Kurzak

Teatro Wielki Opera Narodowa 
TRAVIATA
Conductor: Tadeusz Kozłowski
Direction: Mariusz Treliński
Set Design: Boris Kudlička
Costume Design: Gosia Baczyńska, Tomasz Ossoliński
Choreography: Tomasz Wygoda
Chorus Master: Bogdan Gola
Lighting design: Marc Heinz
Literary consultancy: Piotr Gruszczyński
Video: Darek Błaszczyk / Cókierek
Wigs: Robert Kupisz
Make-up: Gonia Wielocha

cast:
Violetta Valéry - Aleksandra Kurzak
Flora Bervoix - Joanna Cortes
Annina - Elżbieta Wróblewska
Alfredo Germont - Francesco Demuro
Giorgio Germont - Andrzej Dobber
Gaston de Letorieres - Borys Ławreniw
Baron Douphol - Zbigniew Macias
Marquis D'Obigny - Czesław Gałka
Doctor Grenvil - Remigiusz Łukomski
Giuseppe - Tomasz Piluchowski
Messenger - Jacek Kostoń

スポンサーサイト

La Traviata | trackback(0) | comment(0) |


2010/06/08 (Tue) 北京に行って来ました

【6月8日】
プレミエの公演のTVニュースでもう少し長いものがありましたので貼っておきます。
背景に使用した鏡は243㎡!

椿姫 -北京 アルトゥール・チャコン-クルス [SEO]
【6月6日】
ここに写真が16枚アップされていましたので、舞台の写真はリンク先でご覧下さい。10~15はマゼールの指揮姿、1~9, 16, 17が舞台の写真です。国家大劇院茶花女にも写真とリハーサル動画があります。またここで短いですが、TV Newsで放映された録画で公演の一部をみることができます。

【6月5日】
地下鉄で国家大劇院に行きました。2日と3日の2回行きました。地下鉄は料金一律で2元。切符自販機は5元札と10元札しか使えないので、ない場合は、窓口で買うか、切符を持っている職員が付近にいるのでその人から買います。
地下鉄通路から外に出ることなく大劇院まで行けるので、外観は反対側の地上へ出て撮りました。地下鉄通路ポスター、これは普通のポスターですが、バックライトの入ったものもありました。大劇院入り口付近大ポスター。写真は撮りませんでしたが入り口横には巨大モニタがあって、劇場での催し物の案内を動画で紹介していました、デムーロもリゴレットの宣伝でちょっと登場しました。セキュリティチェック後の通路、この天井の上は人工湖。デジカメや飲食物は必ずチェックに引っかかります。デジカメはクロークに預け、飲食物はセキュリティチェック横の小部屋で皆食べていました。

   

劇場内部はオペラハウスはO、コンサートホールはC、シアターはTの記号が付いているので、O7の入り口だと座席番号7のあたりの扉です。今回はリゴレットのパネルのあたりがO7入り口でした。写真はデムーロが出演した2009年の写真でした。この扉から中にはいるときにチケットの半券をちぎってもらい、休憩時間に扉の外に出るときは半券をもらって出ます。写真は携帯のカメラで撮りました。
   

3日のチケット:1層楼座というのは1階バルコニー席のことです。平戸間は池座だったような。。排が列、座が座席番号。番号は中央が1で左右に奇数、偶数で振られていました→...11-9-7-5-3-1-2-4-6-8-10...。私の席は1列一桁の席ですごくいい席でした。舞台が丁度一目で見渡せ、音響も抜群。中央の写真は有料のパンフレット、端のは宣伝用チラシとチケットを持っている人が無料でもらえる4頁のもの。
>  

撮影は基本的に禁止なので、開演前、休憩時間、カーテンコールの時だけ撮りましたが、カーテンコールの写真はピンぼけばかりでうまく撮れませんでした。中央のは2日、端のが3日のものです。
  

肝心の公演はと言うと、2日の中国人キャストの時はアルフレードが歌い方にムラがあってあまりよくなかったです、でも3幕はしっかり歌えていました。ヴィオレッタは見目も声もよく、特に3幕目はbravaでした。パパジェルモンだけはブラボーの声が上がっていて、なかなかよかったと思いますが、もう少し感情を込めた歌い方だったらもっとよかったかも。3日の外国人キャストはヴィオレッタのMary Dunleavyは最初から最後まで安定した歌い方で、演技もうまく声量も充分、見目もバルコニー席からなら充分美人でスタイルもよく見えました。カーテンコールの拍手も一番多かったかも。アルフレードのチャコン-クルスも私の好みの声とはちょっと違っていましたが、よく通る声ですばらしかったです。パパジェルモンのダリオ・ソラリも説得力のある歌い方ですばらしかったです。でもなんといっても一番の人気はマエストロ・マゼールで、最初に指揮台に立っただけでかけ声がいっぱい上がりました。演出は背景が鏡になっていて、背景の絵に舞台が映ったり、透けてカーニバルの場面が見えたり(3幕の窓の外)、セットはシンプルでしたが鏡のおかげでかなり豪華に見えました。最後は鏡の角度が舞台と垂直になって、マゼールの指揮姿も見えるし、舞台の向こうに舞台と舞台側から見た客席が映って見えるという素敵な演出でした。オペラグラスで舞台を見ている自分が舞台の背景に映っているのです。それから指揮台の上、すごく高い天井にスポットライトが2つあって、序曲の時にマエストロを照らすのですが、その、、マエストロの頭が神々しく輝いて、ゴールデンヘッドがまぶしかったです。字幕は上に白文字の英語で、左右に黄緑の文字で簡体中文縦書きで出ていました。
素晴らしい劇場で、また行きたいと思いました。新しくできた広州の歌劇場も行ってみたいです。書き忘れましたが3日の公演はスタンディング・オベーションで池座から層楼座全ての階で聴衆は立って拍手をしていました。2日は少し立っていました。

【6月4日】
北京のLa Traviataのために2泊3日で北京に行きました。
指揮ロリン・マゼール、演出へニング・ブロックハウス。

1日目 ホテルにチェックイン後昼寝、夜、国家大劇院で中国人キャストの椿姫鑑賞
2日目 午前中に紫禁城観光、昼食は精進料理、午後昼寝、夜、外国人キャストの椿姫
3日目 午前中にホテルを出て天津経由で夕方帰宅。

疲れたので詳しくは後ほど。

【関連記事】
北京で椿姫はいかが?
Henning Brockhausの椿姫

La Traviata | trackback(0) | comment(0) |


2010/05/30 (Sun) ドレスデンで椿姫

【5月30日】
24, 26, 29日の公演全てスタンディング・オベーションだったそうです。
Third Performance of Traviata at the Semperoper went great! Another Standing
Second performance was also great with another Standing O!
First Traviata went great! Standing Ovation at the Semperoper!

【5月29日】
今日はドレスデンで最後の公演。明日は家に帰って一番上のお嬢さんの誕生パーティ。数日後にはワルシャワへ行くそうです。ワルシャワ? ポーランド!?これですね?(Traviata 15, 17, 19 June 2010)

【5月25日】
「昨夕、私は椿姫の最初の公演を演じました。それはとても、とてもよい結果でした。他のキャストと成功を分かち合いました。このオペラは私に大変素晴らしい感動をもたらしました。W VERDI!!!! 」
(スタンディング・オベーションだったそうです。)

【5月23日】
「皆様の前で、私はヴィースバーデンでのカリアリ歌劇場のランメルモールのルチア、の大変素晴らしいルポルタージュについて、SARDA VIDEOLINA放送局にお礼を申し上げます。(ルチアの公演は)忘れることの出来ない経験でした!....明日はここドレスデンで最初の椿姫の公演です。皆様に愛情を込めてご挨拶を。」

【5月21日】
「ドレスデン。。。椿姫の最終リハーサルから今戻りました。2日間の休暇です。そして24日は最初の公演です!! 少し休んで、それからこのすばらしい町を見学しに出かけます。皆様に愛情を込めてご挨拶を。」

【5月20日】
明日(21日)はゲネプロ(generale prova)。その後初日の24日までやっと落ち着いてゆっくりとできるということです。今まであちこち移動しての公演が続き大変だったですものね。ゲネプロ後は初日までゆっくりお休み下さい。In bocca al lupo!

【5月16日】
「家での2日間はあっという間に過ぎ去りました。そしてまた飛行機で、今日ドレスデンに赴きました。明朝からは椿姫の稽古です!!トリノの愛の妙薬では本当にありがとうございました!!10月にはスカラ座で、再びネモリーノで、皆様をお待ちしています。」

【5月14日】
「昨日の夜、最後のすばらしい愛の妙薬の公演の後、私はトリノを発ちました。家に向かって!!! この2日間、私は愛情に浸った時を過ごしています。スーツケースを(中身を)変えて、それから椿姫のためにドレスデンへ飛び立ちます。そして、その後すぐに再び北京でアルフレードです。愛情を込めて皆様にご挨拶を。」

LA TRAVIATA 椿姫
Sächsische Staatsoper Dresden Semperoper
ドレスデン州立歌劇場ゼンパーオーパー
5月24, 26, 29日
指揮:ガエターノ・デスピノーサ Gaetano D’Espinosa
演出:アンドレアス・ホモキ Andreas Homoki
衣装:Gideon Davey / Frauke Schernau
ヴィオレッタ:レベッカ・ネルソン Rebecca Nelsen
アルフレード:フランチェスコ・デムーロ Francesco Demuro
フローラ:アンジェラ・リーボルト Angela Liebold
アンニーナ:Birgit Fandrey Andrea Ihle
ジェルモン:ロベルト・セルヴィル Roberto Servile
ガストーネ子爵:Gerald Hupach
ドゥフォール男爵:Tomislav Lucic
グランヴィル医師:Matthias Henneberg
ドビニー侯爵:Sangmin Lee

ホモキ演出のヴィオレッタ:Rebecca Nelsen、 アルフレード:Wookyung Kim
  
この演出とこの衣装。。好きじゃないです。。。特にアルフレード、稽古着のまま出てきたみたい。この動画がゼンパーオー・パーオフィシャルサイトのLA TRAVIATAにあります。

北京国家大劇院 
くわしくは北京で椿姫はいかが?の記事で。
6月1, 3, 5日 キャンセル

La Traviata | trackback(0) | comment(0) |


2010/05/26 (Wed) 北京で椿姫はいかが?

【関連記事】6月8日→北京へ行って来ました

【5月25日】
国家大劇院にやっとキャストの日程が載りました。
1, 3, 6日が外国組、2, 4, 5日が中国組です。

指揮/演出:マゼール/ブロックハウス

Jun.ViolettaAlfredoAlfredo’s father
1Mary DunleavyArturo Chacon-CruzDario Solari
2Zhang LipingDing YiLiao Changyong
3Mary DunleavyArturo Chacon-CruzDario Solari
4Zhang LipingDing YiLiao Changyong
5Zhang LipingDing YiLiao Changyong
6Mary DunleavyArturo Chacon-CruzDario Solari


【5月18日】
なんと!!国家大劇院のアルフレードがアルトゥーロ・チャコン-クルス Arturo Chacon-Cruzに変更されているではありませんか!!そんな~。つい最近の14日に、北京でアルフレード、ってデムーロ自身が言っていたのに~。でも、このところ忙しかったので、これでちょっとお休みできますね。最近スケジュールがきつくて身体をこわさないかと心配していたんです。デムーロ目当てに北京のチケット手配してしまった人はがっかりですけど、チャコン-クルスを来日前に聴けるのでそれでよしとしましょう。。。チャコン-クルスは9月にホフマン物語のホフマン役で来日します。またチャコン-クルスはこの週末にミルウォーキーでリゴレットに出演して24日に北京へ出発するとのことです。
【補】
デムーロから日程に余裕がないのでキャンセルしたと連絡がありました。

関連記事 あいちトリエンナーレ2010

【5月9日】
 ヴィオレッタがフトラルからMary Dunleavyになっていました。
Glimmerglass Opera    Lyric Opera of Kansas City
  
Luly 2009         March 2009

Sempre Libera - Traviata Contest - Mary Dunleavy


【追記】5月2日
北京の椿姫のデムーロの出演は多分6月1, 3, 5日の出演です。1~6日のうち外国組と中国組のキャストの日に分かれますが、ヴィオレッタ役のエリザベス・フトラルのスケジュールが1, 3, 5日となっています。とするとデムーロは5月29日ドレスデン公演→30日移動→6月1日北京公演ということで大変ですね。フトラルは4月17~25日までサン・ディエゴ・オペラの椿姫(ビデオがあります)に出演していました。この人すごく舞台映えするというか、化粧で化けますね。サン・ディエゴ・オペラのスポットライトがYouTubeにありました。アルフレードはMarius Brenciu
(28:42と長いです。)


【初載】4月28日
トリノ    4月17, 20日 Luisa Miller 指揮/演出:レンツェッティ/ドニ・クリエフ
 ↓
バレンシア  4月24, 27, 30日 La Traviata 指揮/演出:マゼール/ブロックハウス
 ↓
カリアリ   5月初 Lucia di Lammermoor prove
ヴィースバーデン 5月7, 8日 Lucia di Lammermoor 指揮/演出:ランツァーニ/ドニ・クリエフ
 ↓
トリノ    5月11, 13日 L'elisir d'amore
 ↓
ドレスデン  5月24, 26, 29日 La Traviata 指揮/演出:デスピノーサ/アンドレアス・ホモキ
 ↓
北 京    6月1~6日 La Traviata 指揮/演出:マゼール/ブロックハウス

とスケジュールが結構詰まっているデムーロです。北京の椿姫はバレンシアの椿姫と同じ演出ですが、キャストは外国組と中国組があって、デムーロの出演日はまだ不明です。1, 3, 6日か2, 4, 5日のどちらかではないかと思います。私のように地方に住んでいると東京で泊まってオペラをS席で鑑賞するより北京へ行った方がお得な気分です!北京の椿姫の場合デムーロがアルフレードですしね!6月16~19日はリゴレット公演もあります。20日にはヌッチのリサイタルもあるのでレオ・ヌッチお目当ての方は上海万博も兼ねて、16~21日の5泊6日でリゴレットと20日リサイタルを聴くというのはどうでしょう?ただリゴレットのキャストはまだ発表されていませんし、2008年の時はヌッチは初日1日だけしか出なかったので出演日は要チェックです。デムーロは今回はリゴレットには出ないのではないかと思います。

国家大剧院主頁 英語版有り 椿姫は茶花女、リゴレットは弄臣

2泊3日北京フリーツアーでホテルまで送迎付きで6~7万円、チケットは椿姫の場合、ツアーオプションで手数料込みのVIP席は12900円~です(880元+1000円~、手数料が高いところもある)。頼めば劇場まで送迎もしてくれるようですが、送迎料金は不明。でも国家大劇院は地下鉄駅直結なので地下鉄沿線のホテルを選べば地下鉄でOKですね。チケットも自分で買えば手数料不要です。リゴレットはVIP席が1080元です。ヌッチリサイタルは100元~1000元(100 200 400 600 800 1000)

今日は映画「ドン・ジョヴァンニ」を観に行きました。映画「アマデウス」と違って、モーツァルトがドイツ語とイタリア語をしゃべっていたので違和感なく観れました。ドン・ジョヴァンニ役はオペラ歌手のボルハ・クイサBorja Quizaでした。声も身体も。映画の帰りにちょっと旅行会社で北京の情報を聞いてきました。

【追記】
ドン・ジョヴァンニのボルハ・クイサBorja Quizaってどこかで見たお顔だと思ったら、フィレンツェのIl Campanello(呼び鈴=よびりん)やマドリッドのアルジェのイタリア女に出演していたんですね。アルジェの方はブログに載せようと思って公演中に写真集めていたのでした。結局集めただけでしたが。。。1982年生まれで今28歳。
関連記事フィレンツェ五月祭劇場 IL Campanello

L’Italiana in Algeri:Haly役 IL Campanello:Enrico役
  

【関連記事】
北京に行って来ました

La Traviata | trackback(0) | comment(0) |


2010/05/05 (Wed) バレンシアで椿姫のアルフレード 今日

【追記】5月4日
写真がたくさんアップされていましたので転載します。グリゴーロのも少し載せておきます。
写真は読み込みが全部終わってからでないとポップアップしません。
デムーロ@リハーサル
   

デムーロ,ゲルズマーワ/ブロックハウス/レセプション:ブロックハウス,マゼール,グリゴーロ他
   

舞台写真:向かって右端の写真はグリゴーロのアルフレード
    

デムーロとグリゴーロのアルフレード: 向かって右端の写真がグリゴーロ 
指揮をみるためのモニターがありますね
   

上着を脱ぐとデムーロは白シャツにベスト、グリゴーロは黒シャツにベスト
   

Mika Kares - Doctor, Maria Luisa Corbacho - Annina, Gabriele Viviani- Germont
    

ゲルズマーワ、ゲルズマーワのマネージャー?さん、パパ・ジェルモンのヴィヴィアーニと
   

150枚以上あったので全部は無理なので、このくらいにしておきます。
5月5日に少し追加しました。
パパ・ジェルモンのガブリエーレ・ヴィヴィアーニ、トリノ王立歌劇場のラ・ボエームのマルチェッロで来日しますね!7月24日には都民劇場の特別演奏会にも出演予定。以前にもラ・ボエーム、フィガロ、マダマ・バタフライ等で来日しています。またデムーロとはPuccini cameristicoやMessa a 4 voci(どちらも指揮ルイゾッティ)でも共演しています。

【追記】4月30日
「みなさんこんにちは!! 今日はここバレンシアでの椿姫の最後の公演です。明日は私の島へ飛び立ちます、そのカリアリのオペラハウスでランメルモールのルチアの稽古が私を待っています。その公演はヴィースバーデン主催で5月7日と8日です。」
デムーロ@バレンシア(この写真はポップアップしません)
  

【関連記事】 サルデーニャのカリアリでルチア

【追記】4月29日 写真がアップされていました。
「ヘッドホンをし、次のランメルモールのルチアのスコアを持って、陽光うららかなテラスにいます。明日は椿姫の最後の公演です、そしてバレンシアでの滞在を終えます。」(29日午後)

白シャツの人はパパジェルモンのGabriele Viviani、ネクタイをした人は2人のマネージャー
  
 
ロリン・マゼール、Ekaterina MetlovaとHibla Gerzmava、Francesco Demuro
   

  

【追記】4月25日
「素晴らしい昨日の夜の公演!決して忘れられません!私のバレンシアでの椿姫のデビュー。。。私は夢中になって歌いました。。。偉大なロリン・マゼールの魅惑的な音楽に心と身体を引き込まれて。。。何という素晴らしいトラヴィアータ!」 

今日4月24日デムーロはバレンシアで椿姫のアルフレードを歌います。30日まで3公演です。
「 ...VALENCIA...BELLISSIMA..IN UNA GIORNATA DI SOLE.......STASERA LA MIA PRIMA RECITA DI TRAVIATA......VI ABBRACCIO..」
4月10日から21日までの5公演はグリゴーロが歌いました。
スペインのオペラフォーラム、Una noche en la ÓperaのLa Traviata en ValenciaEl Blog de Atticusというブログは、スペイン語なので読み辛いですが、色々な人の意見が書き込まれていて参考になります。ブログの方はグリゴーロの出演した椿姫の写真が何枚か載っています。

【関連記事】
4月15日Henning Brockhausの椿姫
4月02日Palau de les Arts Reina Sofía@Valencia
3月31日バレンシア@稽古中
3月27日椿姫@バレンシア Hibla Gerzmava
3月22日バレンシアで椿姫のアルフレード

La Traviata | trackback(0) | comment(0) |


2010/04/02 (Fri) Palau de les Arts Reina Sofía@Valencia

バレンシアの劇場Palau de les Arts Reina Sofíaの写真。斬新なデザインの劇場ですね~。

   

   

デムーロ@バレンシア ヴィオレッタはヒブラ・ゲルズマーワ (右端写真はここのもの)
   
keyakiさんにリハーサルの写真がアップされているのを教えていただきました。
ありがとうございました。

【関連記事】
バレンシアで椿姫のアルフレード

La Traviata | trackback(0) | comment(2) |


2010/03/31 (Wed) バレンシア@稽古中

今日はマエストロ・ロリン・マゼールと最初のprova(稽古・練習)


13歳頃のロリン・マゼール

La Traviata | trackback(0) | comment(0) |


2010/03/22 (Mon) バレンシアで椿姫のアルフレード

【追記】
デムーロは既に稽古(prova)に入っています。
出演者ですがViolettaは
Hibla Gerzmavaが出演するようです。

-------------------------------------------------

デムーロは一旦家に帰り、スーツケースの中身を入れ替えて
すぐバレンシアへと旅立ちました。忙しいですね。
スペインのバレンシアで『椿姫』La Traviataの公演のためです。
椿姫は4月10日から30日までWキャストでの公演です。
16日はUnder30の公演でFrancesco Demuro、24日はGrigolo出演と書いてある所もあります。
指揮はロリン・マゼール。
(マエストロ・マゼールのスケジュールより)

Palau de les Arts: Verdi's La Traviata
Date: April 10, 13, 16, 18, 21, 24, 27, 30, 2010, 8:00 pm
Program: Palau de les Arts: Verdi's La Traviata

Program Details
Guiseppe Verdi: La Traviata

Production of the Associazione Arena Sferisterio,
Macerata - Fondazione Pergolesi Spontini, Jesi
Henning Brockhaus, stage director

Guest Artists
Kristine Opolais / Marina Rebeka, Violetta
Vittorio Grigolo / Francesco Demuro, Alfredo
Gabriele Viviani, Germont

Location
Palau de les Arts Reina Sofia
Autopista del Saler, 1
Valencia 46013

Contact
Tickets & Information
+34-902-100-032

La Traviata | trackback(0) | comment(6) |


| TOP |

プロフィール

Nanako

Author:Nanako
オペラが好きです。
男声がすきです。

このblogのTop
Home Page

画像ポップアップ

マウスポインタを画像上に のせると画像がポップアップ ポインタを外すか拡大画像上 をクリックすると消えます

斎七@虹のもとブログ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

mail form

name:
e-mail address:
title:
message:

最新コメント

最新トラックバック

ブログリンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。