2011・08
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/08/06 (Sat) Verona

カーテンコールのビデオと写真を少し足しました。 
【関連記事】2011/12/19 (Mon) 椿姫のDVDとCD発売


【7月20日・記】
17日にヴェローナを発ちフランクフルト経由で18日に帰宅しました。交通費と宿泊費で計16万円くらいでした。1人だったのでホテルがちょっと割高だったかも。でも冷房もダイキンのエアコンでよく効いていたしエレベーターもありました。オペラ予定の5日間は雷は鳴りましたが雨も降らず全部見ることができました。写真等の整理はまだできていないのでひとまず簡単に文字のみで。(少しづづ写真を入れていきます。)

《12日:椿姫》【関連記事】Arena di Verona - 89° Festival Lirico - La Traviata

アレーナは座席により入り口が違い、私のチケットはGate1からでしたが、中で他の入り口と合流しているので(出る時にだけ合流)結構込み合っていました。自由席の人は何時間も前から並んでいて大変そうでした。この日の席は10列目でほぼ舞台の真ん中の前。前の人が動くと時々その頭が視界を遮りました。
外の広場には別の日の舞台セットが置いてあってそれを見て楽しむこともできました。観光客がアイーダの王様の椅子に座ったりしてしかられていました。開演までに席はほとんど埋まっていました。この日のヴィオレッタはLana Kos。youtubeで聴いた声はキンキン響いてよくなかったけれど、生で聴くとそうでもありませんでした。アレーナは音響がいいので遠くの客席の声もよく聞こえてちょっとびっくり。舞台の衣擦れの音や、ヴィオレッタが額縁の上で歌う時にはハーネスを閉めるのですが、そのガチャリと閉める音まで聞こえました。アルフレードのデムーロは滞在していたVillaの冷房を入れすぎてこの日は声の調子が良くないと聞きましたが、歌うにつれて調子が出て来てbravoの声も上がり拍手も多かったです。客席のかけ声や口笛もよく聞こえました。パパジェルモンのVladimir Stoyanovの<プロヴァンスの春>は拍手喝采でした。終演後出待ちをしていたら、TVの取材班が来ていて、出てくる歌手にインタビューをしていました。Kosへのインタビューを横で見ていたのですが、デムーロは出てきませんでした。デムーロは奥様の調子が悪くなって別出口から病院へ行ってしまったそうです。取材班もそれを聞いたらしく帰ってしまいました。奥様は幸い熱はあったものの重い病気ではなかったようで安心しました。

Melodramma in 3 atti di
Giuseppe Verdi

Libretto di
Francesco Maria Piave

Direttore:Carlo Rizzi
Regia, scene e costumi:Hugo De Ana
Coreografia:Leda Lojodice
Lighting designer:Hugo De Ana

INTERPRETI
Violetta Valery:Lana Kos
Flora Bervoix:Chiara Fracasso
Annina:Serena Gamberoni
Alfredo Germont:Francesco Demuro
Giorgio Germont:Vladimir Stoyanov
Gastone:Luca Casalin
Barone Douphol:Nicolo' Ceriani
Marchese d'Obigny:Paolo Maria Orecchia
Dottor Grenvil:Gustáv Beláček
Giuseppe:Gianluca Sorrentino
Domestico di Flora:Manrico Signorini
Commissionario :Manrico Signorini

《13日:アイーダ》
この日は最前列で、途中で隣席の2人の携帯が鳴って(!)帰ってしまったので、ゆったり。でもセットの床等が邪魔になって見えないところもあったし、マエストロがうなったり歌ったり飛び跳ねたりしていたのが結構気になりました(面白かったけれど)。去年名古屋で観たアイーダ、ラダメスが<あ~らダメっす>だったので、この日はちゃんとしたラダメスでホッとしました。中国人ソプラノHui Heのアイーダがすごくよかったです。毎日来ていてイタリア人歌手にばかりBravo/aを叫ぶオジサンがHui HeにはおしみなくBrava。アイーダパパのAlberto Gazelと祭司長のMarco Spottiもよかったです。ただ雷が鳴っていたし、風も強かったので時々雑音が入りました。雨が降るという天気予報だったせいか空席が少し目立ちました。

Opera in 4 atti di
Giuseppe Verdi

Libretto di
Antonio Ghislanzoni


Direttore:Daniel Oren
Regista:Gianfranco de Bosio
Coreografia:Susanna Egri

INTERPRETI
Il Re:Carlo Striuli
Amneris:Mariana Pentcheva
Aida:Hui He
Radames:Salvatore Licitra
Ramfis:Marco Spotti
Amonasro:Alberto Gazale
Sacerdotessa:Antonella Trevisan
Un messaggero:Enzo Peroni
Prima ballerina ospite:Myrna Kamara

《14日:セビリアの理髪師》
12日にチケットを発券してもらいに行った時にセビリアとナブッコの券を買いました。平日の階段指定席は26歳以下は割引があって少し安く買えました。階段席でも前の方の席だったので、舞台もよく見え、音も十分きこえましたが、顔はオペラグラスがないと誰か分かりませんでした。Rosina役のポーランドのソプラノKurzakは綺麗な声で好感が持てました。

Dramma comico in 2 atti di
Gioachino Rossini

Libretto di
Cesare Sterbini

Direttore:Andrea Battistoni
Regia, scene e costumi:Hugo De Ana
Coreografia:Leda Lojodice
Luci:Hugo De Ana

INTERPRETI
Il Conte d'Almaviva:Antonino Siragusa
Bartolo:Bruno De Simone
Rosina:Aleksandra Kurzak
Figaro:Dalibor Jenis
Don Basilio:Marco Vinco
Fiorello:Dario Giorgelè
Ambrogio:Dario Giorgelè
Berta:Francesca Franci
Un ufficiale:Victor Garcia Sierra


《15日:ナブッコ》
本日のキャストの放送、この日はありませんでした聞くことができませんでした。(私が席に着いた時には放送が終わっていたようです)開演前に配役の印刷物を貰いに行けば貰えるのですが、劇場に着いたのが遅かったので貰えず、キャストがかわっていたのかどうか分かりませんでした。後で見たら変更なしでした。イタリア第2国家といわれている<行け我が想いよ、黄金の翼に乗って>Va, pensiero, sull'ali dorateの合唱はBISの声高く、2回演奏されました(毎回2回演奏しているようです)。アビガイッレのDimitra Theodossiouはさすがベテラン、知人が旅行会社のオペラツアーのナブッコはTheodossiouの日でなかったからといってツアーに参加しなかったそうなので誘えばよかったなとちょっと後悔しました。長袖を着ていたけれど寒かったのと幕ごとに休憩が入り演奏との合計時間が長かったので、ちょっと疲れました。終演は午前1時過ぎ。

Dramma lirico in 4 atti di
Giuseppe Verdi

Libretto di Temistocle Solera
Direttore:Julian Kovatchev
Regista:Gianfranco de Bosio
Scene:Rinaldo Olivieri

INTERPRETI

Nabucco:Ambrogio Maestri
Ismaele:Rubens Pelizzari
Zaccaria:Raymond Aceto
Abigaille:Dimitra Theodossiou
Fenena:Andrea Ulbrich
Gran Sacerdote di Belo:Ziyan Atfeh
Abdallo:Antonello Ceron
Anna:Maria Letizia Grosselli

《16日:椿姫》
この日は気合いを入れて、椿模様の浴衣に椿模様の付け爪で行きました。開演前にイタリアのデムーロファンの人達と待ち合わせて楽屋に行きましたが、開演まであまり時間がなかったのであせっていて写真を撮り忘れました。デムーロが日本から来たprima fanとみんなに紹介してくれました(嬉)。この日は12日より前の7列目の席でした。デムーロはこの16日が最終日。後半ちょっとお疲れ気味??でもそう思ったのは一瞬だけで、ずっと素敵な美声が聴けました。私はデムーロのbrillanteなお声が好きなんです!ヴィオレッタはInva Mulaが降りてElena Mosucになっていました。声はアレーナの3人のヴィオレッタの中で一番いいなと思いました。終演後も楽屋にお邪魔して、みんなでご飯を食べにいきました。モシュクとデムーロが外へ出るとアレーナの周りで軽食を食べていた人達が皆立って拍手でお出迎え。皆で楽しく食べて、帰る頃には夜中の2時を過ぎていました。私の泊まっていたホテルはアレーナから徒歩で10分程と近かったのですが、レストランのご主人が女の子だからと心配して車で送ってくれました。デムーロはルッカから愛車で来ていたので、奥様と車で帰ると言っていました。もう今日20日はデムーロはアメリカへコンサートのために出発だそうです。歌手って移動が多くって大変ですね。




【7月15日・記】
7月11日から17日(帰名は18日)までヴェローナに滞在中です。2つ星ホテルのwifiが繋がりにくいのと、電源が洗面所でしかとれないので、報告は帰ってからします。

予定
12日 椿姫
13日 アイーダ
14日 セビリアの理髪師
15日 ナブッコ
16日 椿姫 ←Violetta: Inva Mula降板、Elena Mosucに。

関連記事
スポンサーサイト

デムーロ | trackback(0) | comment(5) |


2011/08/05 (Fri) Francesco Demuro Biography

【2011年8月5日】
エージェントのFrancesco Demuro Biographyが7月にアップデートされていました。
今後の主な予定(詳しくはworksに記載)
Gianni Schicchi:Royal Opera House in London conducted by M° Pappano, (2011年9月)
Rigoletto:San Francisco conducted by M° Luisotti, (2012年秋)
La Bohème:Seattle,
Don Pasquale:Théâtre des Champs-Élysées, (2012年2月)
La Traviata:Frankfurt, Opéra Bastille, Wiener Staatsoper(2012年5月), Metropolitan, Royal Opera House,
Falstaff:La Scala, (2013 / 指揮:Daniele Gatti, 演出:Robert Carsen)
Così fan tutte:San Francisco,
Macbeth: Munich (2012年3月)

【2011年3月3日】
エージェントのFrancesco Demuro Biographyが2月にアップデートされていました。
それによるとMetropolitanではLa Traviataの予定だそうです。

デムーロ近影
写真は1枚目がポーランドの椿姫の出演者と、後の3枚は今年1月のもの


関連記事

デムーロ | trackback(0) | comment(0) |


2011/08/05 (Fri) カルロ・コロンバーラ ドン・ジョヴァンニ役デビュー!

【2011年8月5日】


Savonlinna Opera Festival Don Giovanni production 2011.


【2011年7月3日・記】
昨年ルッカでドン・ジョヴァンニタイトルデビューしたコロンバーラですが、今年はフィンランドの2011 Savonlinna Opera Festivalで Don Giovanni(7月1日~19日)に出演しています。


【2010年11月10日・記】
TEATRO COCCIA di NOVARA Sabato 6 novembre 2010


【10月4日・記】
あいちトリエンナーレの記事でもちょっと書きましたが、コロンバーラがついにドン・ジョヴァンニ、タイトルロールデビューです!ルッカのジーリオ歌劇場で10月23日24日、その後ノヴァラとベルガモでも歌います。
詳細は
Carlo Colombara
Teatro del Giglio di Lucca

関連記事

オペラ | trackback(0) | comment(0) |


2011/08/04 (Thu) iMac

【2011年8月4日】
iMac上部の発熱がすごいです、で、時々スリープさせて冷やさないと熱暴走するような。。それからHDMI端子がないのも不便です。鏡面の画面も部屋やiMac使っている自分が映って見づらいです。iMacってやっぱりデザイン家電?。
ノートPCの方をHDMIで46inchTVに繋いでみました。快適です。写真はデジカメで撮ったMTSビデオ再生中。iMacのキーボードは大きさの比較のために置いてみました。


【2011年7月25日】
ヴェローナへ行く前に64bit notePCを買って、帰って来てからiMac27inchメモリ8MG+Mac TVを買ってもらった。ノートは画面が小さいので家では23インチのモニタに繋いで使っています。iMacは、DVDとSDカードスロットは横にあるけれど、電源や各種ポート等全部後ろにあるので使いにくいです。イヤホンも後ろだし、昔のFirewireも変換ケーブルがないと繋がらない。付属の無線キーボードもボタンなしマウスも慣れていないので使いにくいです。テンキーのあるキーボードと5ボタンマウスが好きです。HDDも内部に増設したり取り替えもできないし、やっぱりMac Proがよかったなぁ。買ってもらったのであまり文句はいえないけど。。。MacTVは、Mac内のmusicやmovieがiTunesに読み込んだものでないと再生できないのとリモコンが使いにくいけど、楽しいです。iTunesでMTSが再生できたらいいのに。。。まだ使っていたソフトをiMacやノートにインストールしたりアカウントを設定したり色々することがあって、ブログに写真を入れることがなかなかできません。MTS→mp4 or m4vに変換も沢山しないとMacTVで遊べないです。46inchのTVの画面で見ても今時のデジカメムービーは綺麗なのでうれしいです。


1. ノートPCとiMac。 2. オールドMac Pro。
周辺機器は机の下の棚に。Old MacでもMTS→mp4変換には使えます。
青い布の掛かっているのはプリンタ。

関連記事

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

プロフィール

Nanako

Author:Nanako
オペラが好きです。
男声がすきです。

このblogのTop
Home Page

画像ポップアップ

マウスポインタを画像上に のせると画像がポップアップ ポインタを外すか拡大画像上 をクリックすると消えます

斎七@虹のもとブログ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

mail form

name:
e-mail address:
title:
message:

最新コメント

最新トラックバック

ブログリンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。