2011・11
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/11/30 (Wed) ドイツエイズ基金のためのオペラガラ

【2011年11月27日+28日追記】
11月5日にベルリン・ドイツ・オペラで行われたオペラガラが、日本時間で今朝(11月27日)放送されました。しばらくの間3satのここで見る事ができます。
出演歌手と演目は疲れたので手抜き未完m(_ _)m
01. Trovatore "Il balen del suo sorriso" Dalibor Jenis(BR)
02. Emma di Resburgo / Cavatina di Edemondo Vivica Genaux(MS)
03. Luisa Miller "Quando lesele al Placido" Francesco Demuro(TR)
04. Tannhäuser 合唱
05. Lakmé "Flower Duet" Kermed & Genaux
06. Aida Kristin Lewis(SP)
07. La gazza ladra Alex Esposito(BS)
08. Don Carlos Anna Smirnova(MS)
09. Candide Simone Kermes(SP)
10. Time to say goodbye (Con te paritrò) 全員

(テノールのIlincaiとPoliはこの3satの映像では最後の合唱の部分でしか出てきませんでした。ソロの部分はカットされたようです。聴きたかったのに~。Aids galaの写真を撮っている写真家のHPのAids Gala 2011に写真がたくさん載っていますが、そこにTeodor IlincaiAntonio Poliの歌っている写真がありました。デムーロの写真もここここに有ります。)

Guiseppe Verdi / Luisa Miller "Quando le sere al placido"

抜粋

オープニング
Guiseppe Verdi / Luisa Miller "Quando le sere al placido"
Francesco Sartori "Time to say goodbye" (Con te partirò)



【2011年11月4日+6日】

2011年11月5日 ベルリン・ドイツ・オペラ
(Deutsche Oper Berlin)
ドイツエイズ基金のためのオペラガラ
Festliche Operngala für die Deutsche Aids-Stiftung
3sat(onlineTV)で現地時間11月26日20:15から放映予定。

Musikalische Leitung: Donald Runnicles
Chöre: William Spaulding
Moderation: Max Raabe

Francesco Demuro
Alex Esposito
Vivica Genaux
Massimo Giordano
Teodor Ilincai
Dalibor Jenis
Simone Kermes
Kristin Lewis
Adrianne Pieczonka
Antonio Poli
Anna Smirnova
Mitglieder des Ensembles

Orchester der Deutschen Oper Berlin
Chor der Deutschen Oper Berlin

曲目:以下のオペラからのアリア等
Candide, Lakmé, Luisa Miller, Aida, Tosca, Romeo et Juliette, Troubadour, Ernani

DER TAGESSPIGEL 05.11.2011 22:57 Uhr の記事より抜粋
"Die Solisten, darunter Simone Kermes und Francesco Demuro, wurden nach dem gemeinsamen Schlusslied („Time to say goodbye“) mit stehendem Beifall bedacht und kaum von der Bühne gelassen."


去年のこのガラコンサートのCDは発売されていますが、今年のはでるのかしら?
(CD発売!)

関連記事
スポンサーサイト

デムーロ | trackback(0) | comment(0) |


2011/11/29 (Tue) デムーロの2011年スケジュール訂正

【11月28日追記】
ポズナンのレイクイエムはキャンセルしました。代わりにデムーロの先輩のテノール、ステファノ・セッコが歌います。

【9月11日+10月24】
ポズナンは出演するかどうか不明ですが、ファルスタッフと椿姫はデムーロの掲示板に
..Falstaff....13,15,18, 20, 22, 31..dicembre al Filarmonico di Verona
..Traviata...il...27 nov, 3,10,17 dicembre..a Berlino
と今日掲載されたのでこの日程で出演する予定らしい。。。

Filharmonia Poznańska 2011/2012シーズン コンサート12月のところにデムーロの名前があるんですが、出演できるのかしら?Verdiのレクイエムっていつも他と重なって出れないような。。。ドイツでルイゾッティ指揮のも7月のテルアビブもダメだった。。。全部出るとしたら、
15日ヴェローナでファルスタッフ、
16日ポーランドのポズナンでレクイエム、
17日ベルリンで椿姫、
18日ヴェローナでファルスタッフ
やっぱり無理でしょう。
(リンク先はStefano Seccoに変更されています。)

16 grudnia 2011 (Piątek)
godz. 19, Aula Uniwersytecka
REQUIEM AETERNAM
Melanie Diener - sopran
Urszula Kryger - mezzosopran
Francesco Demuro - tenor
Aleksander Teliga - bas

【9月3日】
Teatro Filarmonico 2011/12 (Verona)
Falstaff
13, 15, 18, 20, 22, 29, 31 Dicembre 2011
Interpreti Pricipali(主な出演者)
Juan Pons, Vittorio Vitelli, Francesco Demuro,
Maria Agresta, Serena Gamberoni,
Elisabetta Fiorillo, Manuela Custer

Falstaffのキャストに全日デムーロの名前が載っていますが、
Staatsoper Unter den Lindenの椿姫の今年の出演日が
27 Nov., 3, 10, 17 DEZ

日にちが重なっている訳ではないのでベルリンとベローナを行ったり来たりすれば両方に出演可能ですが、ちょっと大変ではないかしら??
デムーロは2013年のスカラ座のFalstaffにも出演が決まっています。

【1月初記+10月補】詳しい日程はworksに記載

月/日演 目場 所
1-2La BohemeWiener Staatsoper / ウィーン
2La TraviataTeatr Wielki / ワルシャワ
3Maria StuardaAlexandra Trianti Hall / アテネ
3RigolettoTeatr Wielki / ワルシャワ
4L'elisir d'amoreWiener Staatsoper / ウィーン
5RigolettoTheater an der Wien/ ウィーン
6Lucia di LammermoorTeatro Massimo / パレルモ
7Requiem(Verdi),
La Traviata
The Israel Opera / テルアビブ
6-7La TraviataArena di Verona / ヴェローナ
7/24ConcertLincoln Theater / ナパ・ヴァレー
7/30ConcertDetroit Opera House
8-9Gianni SchicchiRoyal Opera House / ロンドン
10/1Concert "響"Suntory Hall / 東京
10/3Opera galaSuntory Hall / 東京
10/5RecitalSuntory Hall Blue Rose / 東京
10/7RecitalShirakawa Hall / 名古屋
10Lucia di LammermoorTeatr Wielki / ワルシャワ
11/05Gala concertDeuche Oper Berlin / ベルリン
11/12concert BellissimoAite Oper Frankfurt / フランクフルト
11/13Belcanto - BellissimoSendesaal-Funkhaus / ケルン
11/20RigolettoOpernhaus Zürich / チューリッヒ
11-12La TraviataStaatsoper Unter den Linden / ベルリン
12/16Verdi RequiemPoznań University Hall / ポズナン PL
12FalstaffTeatro Filarmonico / ヴェローナ


【9月17日】
昨日チューリッヒ歌劇場の歌手のリストにデムーロの名前が追加されました。11月20日のリゴレットに出演となっているではありませんか!

Dirigent
Nello Santi
Inszenierung
Gilbert Deflo
Ausstattung
William Orlandi
Lichtgestaltung
Hans-Rudolf Kunz
Choreinstudierung
Ernst Raffelsberger
Orchester
Orchester der Oper Zürich
Chor
Chor der Oper Zürich
Ballett
extra Ballett

Mit
Sen Guo (Gilda), Katharina Peetz (Maddalena), Liuba Chuchrova (Giovanna), Ivana Rusko (Gräfin Ceprano), Mariana Carnovali (Page); Francesco Demuro (Il duca di Mantova), Leo Nucci (Rigoletto), Pavel Daniluk (Sparafucile), Valeriy Murga (Monterone), Morgan Moody (Marullo), Miroslav Christoff (Borsa), Tomasz Slawinski (Ceprano), Joa Helgesson (Usciere)

【7月2日】
7月10日のテルアビブでのレクイエムはやはりキャンセル。テルアビブで椿姫も予定されていましたがヴェローナと重なるのでキャンセルしていました。

【5月25日】
5月29日~6月5日までウィーンでリゴレット、12日からルチアは日程がキツイと以前書きましたが、パレルモのランメルモールのルチアはキャンセルしました。しかもヴェローナの椿姫とルチア日程が重なっている。Lord Enricoの代役はGiuseppe Gipali[12, 15, 17, 19日]。(第2キャストのPaolo FanaleもキャンセルしてBülent Bezdüz[14, 18]が出演します。31日追記)。
また、アテネの後にワルシャワでリゴレット出演も予定(3月18, 20日)されていましたが、アテネの最終日とワルシャワの出演日が重なるので日程に無理があり、キャンセルしていました。リゴレットはポーランド国立歌劇場では珍しく伝統的な衣装の素敵な演出でした。公爵はデムーロに代わってCesar Guttierez が演じました。

【3月31日+7月】
10月7日 フランチェスコ・デムーロ テノールリサイタル 名古屋しらかわホール
1月に下の表の今年のスケジュールを書きましたが、7月にアメリカで以下のコンサートの予定があります。
7月24日 Festival del Sole/ Napa Valley 2011@Lincoln Theater
(昨年の記事 Festival del Sole/ Napa Valley 2010 (昨年のvideo)
7月30日 Detroit Opera House(カレンダー7月参照)
 共演 Eva Marie Evola (s), Dino Valle (br)

関連記事

デムーロ | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

プロフィール

Nanako

Author:Nanako
オペラが好きです。
男声がすきです。

このblogのTop
Home Page

画像ポップアップ

マウスポインタを画像上に のせると画像がポップアップ ポインタを外すか拡大画像上 をクリックすると消えます

斎七@虹のもとブログ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

mail form

name:
e-mail address:
title:
message:

最新コメント

最新トラックバック

ブログリンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。