2017・08
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/03/06 (Sat) コジ・ファン・トゥッテ現場レポート

サントリーホールのコジ・ファン・トゥッテのページに
現場レポート【第1回】国立音楽大学で熱心な稽古が進行中!
が掲載されました。稽古中の写真が載っています。

4日に行けばよかったけど、誘われたのがお昼だったから、
稽古を観るのは諦めて、、(地方者はツライ。。。)

5日のルイ様がフォルテピアノチェンバロ弾いた国立音大講堂での
『コジ・ファン・トゥッテ』を観に行きました。
指揮&フォルテピアノチェンバロはジュゼッペ・フィンチ、演出はラヴィア。
歌手はサントリーホールのコジのカヴァー(代役)という
サントリーホールのオペラ先取りオペラ!?
歌手は全員日本人でした。1500円と安いからか??ほぼ満席でした。
ルイ様のフォルテピアノチェンバロは本当にステキでした。
歌手は男性陣がちょっと物足りなかったです。

ネットにはルイ様が弾いたのはチェンバロ、
当日もらったプログラムにはフォルテピアノ、
チケットにはチェンバロ、
出演したオーケストラの方はフォルテピアノ、
出演した歌手さんはチェンバロと書いていて、
どっちがどっちだか分からなくなってきた。。(汗)
音が全然違うはずなんですが、ひっかくのとたたくのとでは。
(レチタティーヴォの時にフォルテピアノやチェンバロでの伴奏です。
女性と男性とで換えていたような)

休憩時間に1枚だけ撮りました。

【追記】
国立音大講堂での『コジ・ファン・トゥッテ』は
エンツォ・カプアノ、フランチェスコ・デムーロも鑑賞

国立音大の人が撮ったサントリーホールへ出演歌手陣の稽古中の写真を見ました。
ああ、4日に行けばよかったと後悔(涙)少なくとも3時間くらいは見れたのに~。
しかも客席ほとんど人がいなかったみたいです。リハーサル見る人少ない?
やはり思っていたとおりデムーロとヴェルバは身長同じくらいでした。
175cm前後と思いますが、やっぱりオペラ歌手としては小さい方?


コジ・ファン・トゥッテ | trackback(0) | comment(3) |


<<チケットプレゼント当選者発表 | TOP | Roberto Devereux (Donizetti)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


ちょっとおたずね 

毎日新しい情報がアップされていて、楽しみに拝見しています。
私など、いつ更新したか自分でも忘れているぐらいです。反省m(__)m

国立音大の公演があることは、先日のリサイタルの後に知りましたが、都心に居ればすぐにも行けますが、地方からは無理です。でも行きたかった!!
で、この指揮者がフォルテピアノを、ルイゾッティがチェンバロを演奏ということは、両方の楽器が使われたのですか?
似たような楽器を使用して、どのような形で演奏されたのか、すごく興味があります。たしか、サントリーホールではフォルテピアノを使用しますよね。

2010/03/07 09:31 | 沙羅 [ 編集 ]


No title 

沙羅様
私は当日券で入ったので写真で分かるように、一番後ろに近い席でした。写真の中央にあるのがルイ様のお弾きになったチェンバロ、プログラムにはフォルテピアノと書いてありました、でも音からするとチェンバロだったと思いますが。。。自信ないです。で、小さくて分かりませんでしたが、指揮台になっていたのがフォルテピアノのように思います。反対かもしれません(この国立のオーケストラに出ていた人はルイ様がフォルテピアノでコンティヌオで参加と、歌手の人はチェンバロでと、、どっちなんでしょう?)レチタティーヴォの時の伴奏でしたが回数は少なかったです。手が動いたと思ったら楽譜をめくっていたりで。ルイ様に目と耳を奪われていたのでフォルテピアノの方は全然覚えていません。ごめんなさい。サントリーホールのコジのリハーサルではずっとフォルテピアノでコンティヌオを弾きながら指揮をされていたそうです。ただし、サントリーホールの会報誌『Muse』によると男性陣のレチタティーヴォだけにフォルテピアノで伴奏をして、女性達のレチタティーヴォにはチェンバロとティオルバとチェロで伴奏を付けるということなので、サントリーホールでも両方使われるようですね。ルイ様がチェンバロなのかフォルテピアノなのかどっちかやっぱりわかりません。バロックチェロとティオルバは国立のコジでも使われていました。写真の中央にいる黒い服の女の人が持っているのがティオルバです。

2010/03/08 03:42 | Nanako [ 編集 ]


ありがとうございました。 

Nanakoさんへ
詳しい説明ありがとうございます。
男声と女声で使い分けるということですか。はっきりと違いを聞き分けたことが、あるというわけではないのですが、女声にチェンバロという雰囲気は、確かに合うかも。
今回のコジ行けないのが、ますます残念です。どんな演奏になるのか、楽しみですね。Nanakoさんのレポート楽しみに待っています。

2010/03/08 14:14 | 沙羅 [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://frafan.blog112.fc2.com/tb.php/115-43ca0956

| TOP |

プロフィール

Nanako

Author:Nanako
オペラが好きです。
男声がすきです。

このblogのTop
Home Page

画像ポップアップ

マウスポインタを画像上に のせると画像がポップアップ ポインタを外すか拡大画像上 をクリックすると消えます

斎七@虹のもとブログ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

mail form

name:
e-mail address:
title:
message:

最新コメント

最新トラックバック

ブログリンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。