2017・10
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/10/20 (Wed) イタリア トスティの贈り物@宗次ホール

スイーツタイムコンサート vol.33
イタリア トスティの贈り物 ~歌曲とオペラアリアの午後~
10月15日(金)13:30開演

【10月20日・記】
1. 宗次ホール 4. F.サンヴィターレ, 長町順史, R.カズッチ, N.ファッツィーニ

(この写真はカズッチのfoto albumから転載)

F.P. Tosti Sogno Romina Casucci:Nagoya Munetsugu Hall


La Bohème "Quando men vò" Romina Casucci
F.P. Tosti "A' Vucchella" Romina Casucci
Rigoletto "Caro nome" Romina Casucci
(10月15日宗次ホールの録画)

【10月17日・記】

(↑バリトンとなっているところはテノールと訂正し忘れ)

行ってきました。すごく良かった。ほぼ満席でした。BravaやBravoも沢山聞こえました。バリトンのマルヴェスティオの代役で来たヌンツィオ・ファッツィーニというテノール、初めて聴きましたが、声量がすごくあって声もよくて、ちょっとビックリ。彼の声なら愛知芸文の大ホール5階最後列の席でも十分聞こえるでしょう。でもほとんど知られていないのが不思議、若くして音楽学校の教授になったからでしょうか。ロミーナ・カズッチも綺麗な声で可愛くてよかったのですが、ファッツィーニの迫力には負けていました。でも二重唱ではファッツィーニが声量を抑えるという気配りができていたので、素敵な二重唱になっていました。二人でダンスも踊ってくれました。歌曲はトスティ中心だったので、英語の歌もありました(トスティはイギリスに移住したので歌詞が英語の歌もたくさんある)。でも一番受けていたのは、ファッツィーニの歌ったクルティスの「勿忘草」"Non ti scordar di me”だったと思います。伴奏の長町順史さんのピアノ独奏もありました。しかし、コンサートは値段じゃないですね。安くてもこんなにいいコンサートもある。終演後はロビーに出ると出演者がロビーで出迎えてくれるうれしい宗次ホールです。サインをもらったり写真を撮ったりお話したりで楽しかったです。今月出たばかりの「トスティ ある人生の歌」という本の販売もあったので買ってきました。著者のフランチェスコ・サンヴィターレさんも来ていて、サインも貰えました。

アンコール曲:
椿姫から「乾杯の歌」とトスティの英語の歌「最初のワルツ」をデュエットで。



【関連記事】10月11月@宗次ホール

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<ラ・ボエーム@豊田市 | TOP | あいちトリエンナーレ ホフマン物語>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://frafan.blog112.fc2.com/tb.php/179-d953bcab

| TOP |

プロフィール

Nanako

Author:Nanako
オペラが好きです。
男声がすきです。

このblogのTop
Home Page

画像ポップアップ

マウスポインタを画像上に のせると画像がポップアップ ポインタを外すか拡大画像上 をクリックすると消えます

斎七@虹のもとブログ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

mail form

name:
e-mail address:
title:
message:

最新コメント

最新トラックバック

ブログリンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。