2017・10
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/06/30 (Sat) ROHでGianni Schicchi

【2012年6月30日】
昨日BBCTVでGianni Schicchiの放送がありました。オンデマンドで1週間は再生できます。日本からは直接はみることができませんが、一応リンクを。iPlayer Puccini's Il Trittico - 3. Gianni Schicchi

【2012年6月18日】
7月20日発売!
パッパーノ/プッチーニ:三部作
パッパーノ指揮、ジョーンズ演出
『英国ロイヤル・オペラの2011/12年シーズン・オープニングを飾ったプッチーニの『三部作』。音楽監督アントニオ・パッパーノが、ガッロ、ウェストブローク、ヤオ、そして新鋭デムーロといった豪華かつ実力溢れる歌手陣を率いて、この上なく充実した演奏を聴かせました。機知に富み、ブラックな味付けが利いた2007年のプロダクション『ジャンニ・スキッキ』に他の2作が加わり、リチャード・ジョーンズ演出の独創性溢れる『三部作』がここに完結!(COLUMBIA)』

【2012年5月9日】
下記のディスクが日本コロムビアより輸入盤として発売される予定です。日本での発売日はイギリスより遅れるようです。(補:7月中旬頃になるそうです)

【2012年5月3日】
Il TritticoのブルーレイディスクとDVDが発売されます。
Format: Blu-ray
Release Date: 01/06/2012
Label: OPUS ARTE
Duration: 180 minutes
Catalog Number: OA BD7102 D(Blu-ray); OA 1070 D(DVD)
Product Id: 589775(Blu-ray); 589774(DVD)
Regions: All regions
Sound Type: 2.0LPCM + 5.1(5.0) DTS
Subtitles: EN/FR/DE/ES
IL TABARRO
Lucio Gallo, Eva-Maria Westbroek, Aleksandrs Antonenko
SUOR ANGELICA
Ermonela Jaho, Anna Larsson, Irina Mishura
GIANNI SCHICCHI
Lucio Gallo, Ekaterina Siurina, Francesco Demuro
Royal Opera Chorus
Orchestra of the Royal Opera House
Director: Richard Jones
Conductor: Antonio Pappano
Recorded live at the Royal Opera House, September 2011
1 x Blu-ray; 3 x DVD


【2011年12月14日】
日本では上映されませんが、2月に映画館で上映されるIl Tritticoの宣伝がyoutubeにULされました。最初の一声はデムーロの声です。


【9月14日~18日】

(写真は9日ゲネプロのもの)
BBC Radio3で日本時間18日早朝"Il Trittico"の放送がありました。デムーロは共演者の風邪が移ったのか、この日は少し鼻が詰まっているということでしたが、声はちゃんと出ていました。劇場で聴いた人によると「もっと長いオペラでデムーロを聴いてみたい。」と思ったそうです。写真のEkaterina Siurinaは病気で降板だったようです。放送後のキャスト名を言っているところで、yong lovers  Anna Devin and Francesco Demuroと言っていました。(DevinはこのIl Trittico三作全部に出演しています。DevinのLaurettaの写真はここで)
Opera on 3 Puccini's Il Tritticoで放送後1週間聴く事ができます。
(初日のかゲネプロのか不明ですがavete tortoをここで聴けます。録音状態はよくないです。)
Gianni Schicchi cast
Gianni Schicchi: Lucio Gallo
Lauretta: Anna Devin (BBCサイトはEkaterina Siurinaになっている)
Rinuccio: Francesco Demuro
Zita: Elena Zilio
Gherardo: Alan Oke
Nella: Rebecca Evans
Betto di Signa: Jeremy White
Simone: Gwynne Howell
Marco: Robert Poulton
La Ciesca: Marie McLaughlin
Maestro Spinelloccio: Henry Waddington
Ser Amantio di Nicolao: Enrico Fissore
Pinellino: Daniel Grice
Guccio: John Molloy

デムーロのリヌッチョについての記事抜粋(順不同)
GRAMOPHONE
Francesco Demuro’s Rinuccio was particularly worthy of note.
THe Telegraph
Among a vivacious cast, Francesco Demuro’s ardent Rinuccio stood out.
Seen and Heard International
Francesco Demuro’s Rinuccio and Ekaterina Siurina’s Lauretta to deliver near perfect accounts of their show-stopping arias.
Musical Criticism
Francesco Demuro, making his ROH debut, was a wonderfully lyrical and ardent Rinuccio, all flashing smiles and twinkling eyes, only let down by some over-enthusiastic pushing in his mini-aria.
The Classical Source
but a special nod goes to Francesco Demuro who makes something out of nothing as the romantic juvenile lead, Rinuccio.
Mark Roran's Theatre Reviw
Francesca Demuro superb as the young Rinuccio.
Bachtrack
Francesco Demuro made a fine Rinuccio, with his paean to Florence Firenze è come un albero fiorito sounding generous and warm-hearted, albeit slightly spoilt by a closing high B flat that wasn't quite nailed.
The Guardian
both Francesco Demuro's Rinuccio and Ekaterina Siurina's Lauretta deliver their arias with panache, although the comedy doesn't run as smoothly as before.
The Art Desk
With a perfect line-up of comically self-interested relatives capped again by Elena Zilio's grasping Zita, and ideal young lovers (pictured right) in a Rinuccio (Sardinian tenor Francesco Demuro) of sharp high spirit.
OPERA Britania
the Sardinian tenor Francesco Demuro, marking another important House debut for the evening. Demuro sang Rinuccio’s paean to Florence with great style and warmth, until a throaty conclusion. He has an easy stage presence and partnered Siurina well. Among the brilliantly characterized relatives and hangers-on,
music OMH
Francesco Demuro as Rinuccio proves a beautiful Italianate tenor.
THE WALL STREET JOURNAL
The entire ensemble of Gianni Schicchi excelled, but Ekaterina Suirina got the show-stopping "O mio babbino caro," while Francesco Demuro bagged the big tenor solo. Antonio Pappano conducts the big ROH orchestra superlatively. Unmissable.

trittico.jpg【9月13日】
公演初日は、キャストもみなすばらしく、大成功だったようです。
ここにIL TRITTICOのゲネプロの写真があります。

【2011年9月11日】
The Royal Opera 2011/12 Seasonは12日のIl Tritticoで始まり。
昨日(9日)は公開ゲネプロで、評判はすごくよかったそうです。

【2011年8月12日+】
デムーロは現在故郷のサルデーニャで休暇中ですが、休暇後はいったん家へ帰り、その後すぐにGianni Schicchiの稽古のためにロンドンへ。
(16日にロンドン入りし、稽古中です。)


BBC Radio 3で9月17日に6:20pm(現地時間)から放送されます。
RHO On Radio
BBC Radio 3 _ Opera on 3

このIl Tritticoは2012年2月に英国他世界各国の映画館で上映されますが、残念な事に日本は予定無しです。
Royal Opera House Cinema Season 2011-2012 / Il Trittico

【2011年4月15日】
Royal Opera House
IL TRITTICO(Il tabarro, Suor Angelica, Gianni Schicchi)
12, 14, 17, 19, 21, 23 Sep. 2011

Gianni Schiccihi
Lucio Gallo, Baritone: Gianni Schicchi
Ekaterina Siurina, Soprano: Lauretta
Francesco Demuro, Tenor: Rinuccio

FRANCESCO DEMURO - Granada
http://youtu.be/njSHuINOXuM

デムーロ | trackback(0) | comment(0) |


<<ロミオとジュリエット@アレーナ2013 | TOP | Francesco Demuro in Berlin>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://frafan.blog112.fc2.com/tb.php/206-7cae712f

| TOP |

プロフィール

Nanako

Author:Nanako
オペラが好きです。
男声がすきです。

このblogのTop
Home Page

画像ポップアップ

マウスポインタを画像上に のせると画像がポップアップ ポインタを外すか拡大画像上 をクリックすると消えます

斎七@虹のもとブログ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

mail form

name:
e-mail address:
title:
message:

最新コメント

最新トラックバック

ブログリンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。