2017・10
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/06/19 (Sun) ドン・カルロ@MET名古屋+東京

【6月19日】
18日のドン・カルロ最終公演に行って来ました。ホロ様は名古屋の方が声が大きかったです。でもいいんです、ホロ様は歌でなくお姿をみにいくんですから。席は3階ほぼ中央で舞台全部と指揮者の手が見える前の方の列でした。出演者の顔の表情などは見えないのでオペラグラスが必要でしたが、ホロ様の銀髪が舞台に映え、しかもエリザベッタもエボリ公女も美女に、ヨン様だって東洋人という違和感が感じられない席なので、ビュジュアル的に満足できる席でした。エボリ公女が自分の美貌を歌うアリアの時に地震がありましたが、オケも公女のエカテリーナ・グバノヴァも動揺せずきちんと歌い続けました。さすがプロですね。観客席は大きな声ではなかったですが少しざわめきました。サイン会はドン・カルロ公演中一番長いファンの列だったようです。指揮のファビオ・ルイジだけは疲れていたのか怒っていたのかサイン会はパスして帰ってしまいました。(オケの音がしている間は拍手をしないようにと放送があった直後もその後も拍手があったからでしょうか?) 今回も列の最後の方に並んでいたので、サイン会が終わるまで待って、お見送りをしました。出演者が楽屋口から出て車に乗るまでのホンの短い間だけは撮影禁止ではありませんでした。ヨン様は出口では立ち止まって写真用にポーズ、ホロ様は投げキッスしながら前を通り過ぎていきました。通り過ぎる一瞬しか撮れないのでピンぼけばかりになりました。エリザベッタのマリーナ・ポプラスカヤは舞台では四角い顔であまり美女と思えませんでしたが、サイン会はロングヘアでエラが隠れるせいかあらこの美女は誰?と思うような変身ぶりでした。
写真はとりあえず投げキッスするホロ様。


この公演の私の好み順の声:
ルネ・パーペ>ヨンフン・リー>シュテファン・コーツァン≧ホロ様

【6月6日】
昨日はMETのドン・カルロ名古屋公演でした。5幕休憩時間も入れて4時間40分。カウフマンの代役のヨンフン・リーは最初からとばしまくりでちょっと心配だったけど最後まで勢いそのままに歌いきりました。チケットを買えなかった人曰く、劇場外でもよく聞こえたよとのこと。流石METの代役ですね。ホロ様?いうまでもなく素晴らしく麗しくて!!!でも、一部のファンがうるさかった。指揮のファビオ・ルイジが「オーケストラの音が鳴っている間は拍手しないように」と放送したにもかかわらず。。。
公演後のサイン会ですが・・・長蛇の列でした。それで「サインは一人一点、写真撮影不可」とのお達しが!!!でも列の後ろの方にいたため、サインは4名にもらい、何とかお見送り写真も撮れました。その後、知人とMET様ご一行宿泊ホテルで食事をした帰り、なんとヨン様と遭遇!プレゼントも渡せちゃった!ホロ様とはニアミス、ルネ様、ヨン様と3人で私達の行ったレストランで食事をしていたらしいのですが、ホロ様とルネ様の2人は私達がレストランから出る直前に出て、どこかに行ってしまったみたい。(泣) 待っていたら帰ってくるなら朝までだってと。。(←これは嘘)でもホロ様とルネ様は他のホテルに宿泊との噂。公演前日も2人で夜の名古屋に消えたという目撃談も。宿泊ホテルへ帰っただけかも。
ところで、びわ湖ホールの清教徒、フローレス来ないのですって!? 悲鳴が上がっていたので何かと思ったらそういう噂が聞こえてきた。(←あくまでも噂ですので。。。私だって本当のところを知りたい!)

1.長蛇の楽屋口 2.ホロ様ピンぼけ 3.ルネ様 4.ポスターにサイン 5.銀髪だけ

6.ホロ様 7.ホテルでヨン様に遭遇 8.MET様ご一行荷物の列(2と3は動画から)

ヨン様はニューヨークにお住まいでアジアのことはあまりわからないらしい。奥様のお母様も来名。"...invite me..."という声が聞こえました。ぜひまた名古屋へきて下さい!

【追記】
写真は一応禁止だったのでこれくらいしか。。。 コーツァンの写真も撮りたかったよ~。ホロ様は疲れてくるとサインがキリル文字になる。。。私がもらったサインは名字がキリル文字だったです。
芸文(母は県芸という)こと愛知県芸術文化劇場は一応花束禁止ですが、いつもブーケを渡す人がいます。オケピを越えて投げ入れるのは難しいので、今回はMETの係の人に頼んで渡してもらったとか。METの人なら禁止とは知らないかもしれないし、知っていても守る気もないかも(笑)

今回はパンフレットタダ。まあね、キャストが3人も4人も代わったんだから、これでパンフレット代取るなんて言えないわね。(指揮者もいれたら4人)
ドン・カルロ:ヨナス・カウフマン→ヨンフン・リー
エリザベッタ:バルバラ・フリットリ→マリーナ・ポプラフスカヤ
エボリ公女:オルガ・ボロディナ→エカテリーナ・グバノヴァ
指揮:ジェームス・レヴァイン→ファビオ・ルイジ

それから、もちろんMETライブビューイングのトロヴァトーレは見に行きましたよ。いつも空いているのだけれどホロ様目当ての人が多く、前2列を除いてほぼ満席でした。ミッドランドシネマ、一番後ろの席が一番見やすくて後ろから席が売れていく。後ろから3番目の席だったけど疲れた。しかも音も大きすぎた。母が耳が遠いとちょうどいいのかもといっていたけれど、その母にもまだ音が大きくて辛かったそうです。

Facebookにもう少し何か置いてあります。。。。。

オペラ | trackback(0) | comment(3) |


<<Rigoletto@Parma | TOP | リゴレット@アン・デア・ウィーン劇場>>

comment











管理人のみ閲覧OK


No title 

こんにちは。東京公演を見に行くので、レポを読んでひと安心。
当初のキャストとかなり違ってしまい、どうなのかなあと思っていましたが、期待が高まりました。

一方で、フローレスについての噂はショック。
びわ湖に来ないということは、東京にも来ないですよねえ(涙)。

2011/06/06 07:42 | NOMA-IGA [ 編集 ]


RE: 

>>NOMA-IGA様
コメントありがとうございました。男声にしか興味がないので女性歌手陣のことは何も覚えていないないし、しかも追っかけミーハーレポートでごめんなさい。
4と5と打ち間違えていました。5幕と訂正しました。
私はヨン様すごくいいと思いました。カウフマンは声が余り好きじゃないのでチケット買ってなかったんです。
フローレスの噂本当なのかどうか確認がとれていませんが、数カ所からそういう声が聞こえたんです。本当だとしたらショックです。

2011/06/06 08:45 | Nanako [ 編集 ]


No title 

こんばんは。東京遠征、お疲れさまでした。
NHKホール3階席からの見え方、満足されたようで、ヨカッタ~。やっぱり小さいのは小さいので、ちょっと気にかかってました。

サイン会、私が見に行った日もやっていたらしいのですが、知らずに帰宅してしまいました。残念! ただ、終演が11時近かったうえに雨も降っていたので、知っていても、あきらめて帰宅したという可能性はありますが。

メトの日本公演、いろいろありましたが、とにかく無事に終わってよかったです。来てくれたみんなに感謝。

2011/06/20 23:58 | NOMA-IGA [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://frafan.blog112.fc2.com/tb.php/217-5a2ef8af

| TOP |

プロフィール

Nanako

Author:Nanako
オペラが好きです。
男声がすきです。

このblogのTop
Home Page

画像ポップアップ

マウスポインタを画像上に のせると画像がポップアップ ポインタを外すか拡大画像上 をクリックすると消えます

斎七@虹のもとブログ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

mail form

name:
e-mail address:
title:
message:

最新コメント

最新トラックバック

ブログリンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。