2017・08
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/12/19 (Mon) 椿姫@ベルリンとファルスタッフ@ヴェローナ

【2011年12月19日】
Opera Cake←写真有ります
La Traviata in Berlin: Omer Meir Wellber, Christine Schäfer,
and Francesco Demuro - Bravi Tutti!

"私の驚きはテノールだった”
"My surprise was the tenor. Alfredo Germont is one of the most famous tenor roles that exposes both good and bad sides of one's voice. Even if his timbre is not very broad (the thickness of the timbre will develop with age), Francesco Demuro has everything for this role and sings it really beautifully. Luminous high notes, sung with great style, with ease that deserves respect. He will soon be performing in Paris, in Don Pasquale at the Théâtre des Champs Elysées. I can only hope he will confirm this excellent impression he's made last night in Berlin."

【2011年12月3日】
椿姫 La Traviata
11月27日, 12月3, 10, 17日 (2012年6月29日, 7月1日)
ベルリン国立歌劇場 Staatsoper im Schiller Theater

Staatsoper Unter den Lindenの劇場は改修中のためシラー劇場を使用しています。
デムーロはこの椿姫でベルリンデビューです。27日のデビューはtripudio、belissimoでした。椿姫が終わったらファルスタッフの稽古のためヴェローナへ行き、またベルリンへ戻るという、ヴェローナとベルリンを行ったり来たりでちょっと大変ですが頑張っているようです。
※12月3日のヴィオレッタはSchäferが病気で降板のためAnna Samuilが代役で出演しました。(12/4補)

Conductor: Omer Meir Wellber
Director: Peter Mussbach
Set design: Erich Wonder
Costume design: Andrea Schmidt-Futterer
Video: Stefan Runge, Anna Henckel-Donnersmarck
Light design: Franz Peter David

Violetta Valéry: Christine Schäfer, ※Anna Samuil 03 Dec
Aleksandra Kurzak 29 Jun, 01 Jul
Flora Bervoix: Maraike Schröter
Annina: Rowan Hellier
Alfredo Germont: Francesco Demuro
Giorgio Germont: Alfredo Daza
Gaston: Paul O’Neill
Baron Douphol: Bernd Zettisch
Marquis d'Obigny: Arttu Kataja
Matthias Vieweg 27 Nov
Dr. Grenvil: Andreas Bauer
Alin Anca 29 Jun, 01 Jul

Staatskapelle Berlin
Staatsopernchor


ファルスタッフ Falstaff
12月13, 15, 18, 20, 22, 29, 31日
ヴェローナ・フィルハーモニー劇場 Teatro Filarmonico di Verona

Direttore: Daniele Rustioni
Regista: Luca Guadagnino
Scene: Francesca di Mottola
Costumi: Antonella Cannarozzi
Movimenti coreografici: Maria Grazia Garofoli
Lighting designer: Paolo Mazzon

Interpreti
Sir John Falstaff:
Alberto Mastromarino (13, 15, 18, 20 dicembre)
Leonardo López Linares (22, 29, 31 dicembre)
Ford: Vittorio Vitelli
Fenton: Francesco Demuro
Doctor Cajus: Saverio Fiore
Bardolfo: Nicola Pamio
Pistola: Ziyan Atfeh
Mrs. Alice Ford: Virginia Tola
Nannetta: Serena Gamberoni
Mrs. Quickly: Elisabetta Fiorillo
Mrs. Meg Page: Manuela Custer

デムーロ | trackback(0) | comment(1) |


<<m(_ _)m | TOP | 椿姫のDVDとCD発売>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

2012/11/16 06:01 | 株の種類 [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://frafan.blog112.fc2.com/tb.php/232-191762f1

| TOP |

プロフィール

Nanako

Author:Nanako
オペラが好きです。
男声がすきです。

このblogのTop
Home Page

画像ポップアップ

マウスポインタを画像上に のせると画像がポップアップ ポインタを外すか拡大画像上 をクリックすると消えます

斎七@虹のもとブログ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

mail form

name:
e-mail address:
title:
message:

最新コメント

最新トラックバック

ブログリンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。