2017・08
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/09/23 (Sun) サンフランシスコ・オペラ 2012-13 Season Rigoletto

【2012年9月23日】
SFのホテルを19日朝9時に出て、家に20日の夜10時前に着きました。SFと飛行機の中が寒かったせいか、風邪を引いて発熱、ダウン中。。楽しかったSFの報告は熱が引いてからします。

【2012年9月18日】
サンフランシスコはまだ17日です。14日午後に名古屋を発って14日の午前11頃サンフランシスコに着きました。変な感じです。飛行機の中が寒かったので厚着して到着でしたがサンフランシスコも寒いのでちょうど良かった!
15日昼間はバックステージ・ツアーに参加しました。まずは劇場内の客席でSFOの歴史等のお話を聞きましたが、大音量で雷のような音のテストをしていたのと英語なので聞き取りにくかったです。客席のあちこちに出演者が指揮者をみるためのモニターがありました。その後、楽屋、鬘室、洗濯室、舞台裏、リハーサル室、出演者の休憩室等を見せていただきました。クルザックの衣装ハンガーにガーゼの和寝間着が掛かっていました。楽屋でガウンとして着るのでしょうね。鬘は全部人毛だそうです。洗濯室には大きな洗濯機4台と乾燥機2台があり、下着のTシャツがたくさんハンガーにかけてありました。リゴレットの衣装もあり,持たせてもらいましたがすごく重かったです。ウオッカと書いたスプレーがあって、それは衣装の殺菌用に使うそうです。
15日の公演ははすばらしかったです。デムーロの2幕の最初のアリアはブラボーの声が大きく聞こえました、レビューではいろいろ書かれていますが、それは「女心の歌」をヴェルディのオリジナルスコアで歌ったことによると思います。聴衆も変なレビューを書いた人たちはそのことを知らないようでした。どの公演も(デムーロもチャコンも)最後をあげていないのはマエストロのオリジナルでという指示でしょう。サンフランシスコの聴衆は日本よりレベルが低いかも。拍手のフライング、最初から最後まですごかったです。よくマエストロ・ルイゾッティが我慢をしていたと思います。オペラハウスの音響はなんか変な感じに響いて、どの歌手の声も少しビブラートがかかったように聞こえて、耳をなじませるのに少し時間がかかりました。それでも、デムーロの声は大変美しくきこえ、そしてロマンチックな部分と好色な公爵を、演じまた歌い分けていました。ブラボーの声もどよめきもデムーロ、ルチッチ、クルザック、皆に上がりました。マエストロも公演の成功に満足していると聞きました。
写真は公演後霧の楽屋口で、デムーロとルチッチ、寒いので革ジャンを着ていました。また出待ちの途中から霧が出て来て水滴が当たりすごく冷たかったです。写真ではとっていますが、ルチッチは茶色のニット帽をかぶっていました。詳しい報告は日本に帰ってからします。昨日16日はデムーロと食事,その後、アメリカのファンの人とショッピングを楽しみました。
sfo_rigoletto_01


【2012年9月7日 (+補)
SFOのFBにゲネプロ(ドレスリハーサル)の写真がアップされました。一部転載。
sfo_rigoletto_01 sfo_rigoletto_02 sfo_rigoletto_03
ここにゲネプロの写真が315枚あります。

【2012年9月2日】
SFOのシーズン開幕まで後5日となりました。9月5日にはRigoletto Final Dress Rehearsalがあります。1000ドル以上のスポンサーになると観に行けるそうですが、外国人でしかも貧乏女には1000ドル寄付は辛い。休みもそうそう自由に取れないし。開幕3日目にはOpera in the parkといって、公園でコンサートも開かれます。前に見た時は出演者が掲載されていませんでしたが、今日見たら、Nicole Cabell, Aleksandra Kurzak, Albina Shagimuratova, Kendall Gladen, Arturo Chacón-Cruz, Francesco Demuro, Saimir Pirgu, Željko Lučić and Eric Owens. With Adler Fellows Nadine Sierra, Marina Harris, Laura Krumm, Brian Jagde, Ao Li and Joo Won Kang; accompanied by the acclaimed San Francisco Opera Orchestra, conducted by Music Director Nicola Luisotti.となっているではありませんか。クルザックもルチッチも出るし、テノールは3人も!指揮はルイゾッテイで、しかも無料!ゲネプロは無理だから、せめて6日から休みが取れたらよかったのに〜。(私は14日〜19日までSFに滞在予定です。)


【2012年8月30日-2】
SFO29日発表の記事によるとマントヴァ公爵の第二キャストDavid Lomelíが個人的な理由で降板、代わりにアルトゥーロ・チャコン=クルスArturo Chacón-Cruzが出演します。デムーロは23日と30日の2回公演が増えました。チャコン=クルスは北京の椿姫と名古屋のホフマン物語(2回)を生で聴きましたが、リゴレットは初めてなので楽しみです。SFOには15, 16, 18日に行くので、15, 18はデムーロの公爵、16日にチャコン=クルスを聴きます。(チャコン=クルス関してはこのブログにも記事があります。このブログ内を検索かカテゴリのアルトゥーロ・チャコン=クルスからご覧下さい。)

Arturo-Chacon-Cruz Rigoletto 2009


Francesco Demuro Rigoletto 2008

Francesco Demuro Rigoletto: Parmi veder le lagrime

【2012年8月30日-1】
SFOは色々なイベントがあって楽しそうです。初日はOpera GalaOpera Ball。ガラの方は開演前にカクテルレセプションがあって終演後はデザートとダンスパーティ。SFOはドレスコードはありませんが、初日のGalaに行く人は女性はほとんどがイブニングドレスだそうです。(短いスカートの人は一人しか見たことが無いという参加者の話もあり)。また私が劇場に行く15日にはOpera at the Ballparkがあり野球場を無料開放してリゴレットを巨大スクリーンに生中継。登録して整理券を入手しておくと早く入れていい席がとれそうです。普段着で気楽に行けて飲み食いOKなのがいいですね、しかもタダですし。また、Opera Visionといってすべての公演日ではありませんが、劇場の舞台上にスクリーンが設置されて後方の席でもアップで観賞できるようになっています。バックステージツアーもあり、9月は15日と28日です。また公演開始前にはレクチャーもあって参加すればオペラを知らなくても楽しめるようになっています。英語堪能ではないのでレクチャーには行きませんが、バックステージツアーには一応申し込みしました。あとはSFに出発する日を待つばかりですが、出発日に台風が来ませんように!

【2012年8月9日】
サンフランシスコ・オペラから7日にリゴレットのチケットが届きました♥。デムーロの出る日2回と別キャストの日と合計3回行きます。

クラシカジャパンでも放送されましたが、デムーロがマントヴァ公爵を演じた2008年のパルマのリゴレットがRAI3で視聴できます。見逃した方は是非ご覧下さい。【以前の記事】Rigoletto@Parma

【2012年1月18日】
サンフランシスコ・オペラ 2012-13 Seasonが発表されていました。
デムーロが出演するのはRigolettoとCosì fan tutteです。

Rigoletto
2012年9月7, 8, 11, 12, 15, 16, 18, 19, 21, 23, 25, 30日
Conductor: Nicola Luisotti / SEP 7, 8, 11, 12, 15, 19, 18, 19, 21, 23
Conductor: Giuseppe Finzi /SEP 25, 30
Set Designer: Michael Yeargan
Cast
Rigoletto: Zeljko Lucic / SEP 7, 11, 15, 18, 21
Rigoletto: Marco Vratogna / SEP 8, 12, 16, 19, 23, 25, 30
Gilda Aleksandra Kursak * SEP 7, 11, 15, 18, 21, 25
Gilda Albina Shagimuratova SEP 8, 12, 16, 19, 23, 30
The Duke of Mantua: Francesco Demuro* / SEP 7, 11, 15, 18, 21, 23, 25, 30
The Duke of Mantua:Arturo Chacón-Cruz / SEP 8, 12, 16, 19
The Duke of Mantua: David Lomelí / SEP 8, 12, 16, 19, 23, 30
Maddalena: Kendall Gladen
Count Monterone: Robert Pomakov *
Sparafucile: Andrea Silvestrelli

Così fan tutte
2013年6月9, 12, 18, 21, 26, 29, 7月1日
Conductor: Nicola Luisotti
Director: Jose Maria Condemi
Production Designer Robert Perdziola
Cast
Fiordiligi: Ellie Dehn
Dorabella: Christel Lötzsch *
Despina: Heidi Stober JUN 9, 12, 18, 21, 26
Despina: Susannah Biller JUN 29; JUL 1
Ferrando: Francesco Demuro
Guglielmo: Philippe Sly *
Don Alfonso: Marco Vinco

* San Francisco Opera Debut

デムーロ | trackback(0) | comment(0) |


<<サンフランシスコに行って来ました | TOP | Francesco Demuro TOKYO LIVE 2011>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://frafan.blog112.fc2.com/tb.php/238-32377ac3

| TOP |

プロフィール

Nanako

Author:Nanako
オペラが好きです。
男声がすきです。

このblogのTop
Home Page

画像ポップアップ

マウスポインタを画像上に のせると画像がポップアップ ポインタを外すか拡大画像上 をクリックすると消えます

斎七@虹のもとブログ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

mail form

name:
e-mail address:
title:
message:

最新コメント

最新トラックバック

ブログリンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。