2017・10
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2014/11/27 (Thu) La Bohème@MET

【2014年11月27日】
Ramón Vargasが復帰できず12月1, 5日もデムーロがルドルフォを歌うことになりました。11月28日はCastronovoが歌う予定です。

Metropolitan Opera Review 2014-15 - La Boheme By David Salazar
Sonya Yoncheva, Francesco DeMuro & Cast Show How Powerful Great Chemistry Can Be
(一部抜粋)
"His tenor is not the most voluminous of voices, but he more than makes up for it with its rich textures and true squillo. The upper range is healthy and assured and he sings with elegance throughout. His "Che gelida manina" was a series of ardent phrases, each containing a fascinating vibrancy. The climactic high C was tremendous in its execution. He was at his best in the third act as he bemoaned his beloved's ill-state ("Mimi e tanto malata!"). He placed some rather violent accents on some phrases, adding a level of desperation to his singing and he was constantly singing to his greatest limits. It was visceral and powerful. This, of course, was nothing compared to the pain and suffering in his singing during the tragic final act. As he looked on at the dying Mimi, it was clear that he had no hope. This was a Rodolfo that saw the end as near and was simply trying to ignore it as best as he could. His final cries of "Mimi, Mimi" should have brought some degree of perspiration to every audience member in the house."

【2014年11月25日】
今日(11/24 NY時間)デムーロはメトロポリタン・オペラのLa Bohèmeに出演します。Ramón Vargasが病気のため先週Charles Castronovoが代役と決まったのですが、彼も病気になったそうです。デムーロは来月からLa Traviata出演にするためNY入りの予定だったので、急遽出演する事になりました。(アメリカサイトでの今年はじめフランクフルトでLa Bohèmeを歌ったとあるのは間違いで、フランクフルトは2009・2010年に出演していますが、今シーズンのフランクフルトはMETのLa Traviataの後2015年の2月に出演です。La Bohèmeは2013年2-3月のシアトル以来歌っていませんでした。)

【補1】リハーサルも無しで出演した公演は大成功でスタンディング・オベーションだったそうです!

La Bohème
Monday, November 24, 2014
7:30 pm

Production Team
Production: Franco Zeffirelli
Set Designer: Franco Zeffirelli
Costume Designer: Peter J. Hall
Lighting Designer: Gil Wechsle

Cast
Conductor: Riccardo Frizza
Mimì: Sonya Yoncheva
Musetta: Myrtò Papatanasiu
Rodolfo: Francesco Demuro
Marcello: David Bizic
Schaunard: Alessio Arduini
Colline: Matthew Rose
Benoit/Alcindoro: John Del Carlo
Production Team
Production: Franco Zeffirelli
Set Designer: Franco Zeffirelli
Costume Designer: Peter J. Hall
Lighting Designer: Gil Wechsler

【補2】12月1日の公演はSiriusXM Met Opera Radioで放送されました。
DECEMBER
12/1 Monday 7:25
Puccini: La Bohème
Frizza; Yoncheva, Demuro, S. Phillips, Bizic, Gradus, Arduini

Che gelida manina

デムーロ | trackback(0) | comment(0) |


<<LA TRAVIATA@パリ・オペラ座 | TOP | La Traviata@カリアリ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://frafan.blog112.fc2.com/tb.php/343-5fffef5b

| TOP |

プロフィール

Nanako

Author:Nanako
オペラが好きです。
男声がすきです。

このblogのTop
Home Page

画像ポップアップ

マウスポインタを画像上に のせると画像がポップアップ ポインタを外すか拡大画像上 をクリックすると消えます

斎七@虹のもとブログ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

mail form

name:
e-mail address:
title:
message:

最新コメント

最新トラックバック

ブログリンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。